スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九章 親子 三吉の長~い一日1

前回


お紺とお加奈親子は苦労した分だけ幸せになるだろう。なにしろ藤平と云う強ーーい味方がいるのだから。


はじまり、はじまり


「父様、あんなに似ていたのですね」

「本当に瓜二つじゃ、紛(まご)う事無く親子じゃ」

「おじちゃん、ありがとう!」

「三吉、礼を言うのは私の方だよ。

お前に言われなければ、とんでもない『猫でなし』になっていた処だったよ」

「気にすんニャよぉ」

「(?")・・・」

「ふふ、あたしを三吉に紹介して下さい」

三吉も藤平のそばにいる藤色のふかふかした長い毛の猫が気になっていた。ニコニコして見ている。とても優しい目で見るので何だか擽(くすぐ)ったい三吉だった。

「おお~、そうであったわ。三吉、これなるは【理(ことわり)知る茂吉】で、
あぁ~るぅぅぞぉ~

藤平、芝居掛かる。


えぇーーーっ!あの理知る茂吉ぃーーーッ!?


「こらッ、呼び捨て等とんでもないッ!」

「ごめんなさぃ...」

「ふふ、いいんですよ。三吉、あたしは茂吉です。宜しくね」

「こっ、こちらこそ、、、あっ、あのぉ・・・サイン下さい!」

「へっ?」


おぉーーい!【理知る茂吉】が居るぞぉーッ、

サイン貰えるぞーぉー!!



これには藤平も茂吉も、泣いて抱き合っていたお紺も驚き呆れた。大人猫も三吉には敵(かな)わないのである。茂吉は『ニャーッ!』と言い乍(なが)ら寄って来る子猫達の頭を撫でながら、其れぞれがポケットから出した小さな手帳にサインをしてやる。

子猫達は大満足である。騒ぎが静まるとお紺に世話を任せ、二人は三吉を連れ洋館にやってきた。部屋に入ると三吉は少し緊張をする。藤平の顔を見、茂吉の顔を見て何事が起きるのだろうかと不安そうな顔をする。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
mensetu.jpg
絨毯の画像は写真を使いました。

「そんなに緊張してるのは三吉らしくないですよ」

「だけど、、、おいら・・・無理だょぉ」

「どうしてでしょう?」

「だって、おいらだけなんてさ・・・おいら、こまっしゃくれてるからさぁ~」

「ふふ、自分でそんなこと言うものではありませんよ」

「そうなの?藤平おじちゃんも茂吉おじちゃんもおいらみたいな子供の話をちゃんと聞いてくれるけど、おいらの父ちゃんなんて酷いんだょ」

「どうしてです?」

「だって、おいらが何か言うと『ガキは黙ってろ!』って。おいらだって子供なりに考えて言ってんのに、父ちゃんなんて丸きり考えないで『こまっしゃくれたガキだよ』って、、、もう頭に来るよ~ぉ」

「ふふ、大変ですこと」

「母ちゃんだって、何考えてるかわかんないよ。だってね、仲が良いとおいら達が居ても平気でチュッチュッしてんの」

「ははは、世の吉夫婦らしいの~」

「だけどね、直ぐに喧嘩もするんだょ」

「困りましたね」

「うん。たいがいね、父ちゃんが釣りに行くとね、母ちゃん必ず角を出すんだょ」

「どうしてですか?」

「『ふん!毛の生えた魚(おとと)を釣りに行ってるよッ!』って」


あっはははっあははは~


二人は可笑しくて仕方ない。三吉の観察眼に脱帽するばかりである。

「お勉強は進んでいるのですか?」

「え~なぁにぃ~?お勉強って言うのか分かんないけど、ご本はたくさん読んでるょ。

藤平のおじちゃんがこの頃は貸してくれるから凄く嬉しいけど、ちょっと難しいんだよねぇ~。おいらの知らない字が結構あってさ」

「それは大変だこと」

「うん、そうなの」

「父様、この子にどんな本をお貸しなんですか?」

「そうだねえ、、、【ブレンド考】【珈琲通に捧げる本】【商売人の嗜(たしな)み】【こうして売りさばけ】とかだね」

「と、父様.......」

「まずかったかね?」

「ええ、、、六歳の子猫には早過ぎるかと・・・」

「ふふ、いけなかったね」

「今度はあたしがご本を貸しましょう。そして、あたしがここに居る間は一緒にお勉強をいたしましょう。どうですか?」

「本当!?おいら夢みたいだぁ~、そしたら今日から教えて頂戴!」

「すばらしい向学心ですね。とても良い事ですよ。それではその前に尋ねたい事があります」

「なぁに?」

「【恵み子】と云う言葉を知っていますか?」

「うん、知ってるょ!おいらは【恵み子】だって藤平おじちゃん言ってたもの!」

「そうですか。ではその【恵み子】が将来どんなことをするようになるかも知っていますか?」

「知ってるょ。【御係所(おかかりじょ)】と【魂納(たまおさ)めの宮】と【身魂抜(みたまぬ)きの宮】の役人になって務めるの。すごくおつむが良くないと出来ないんだって。おいらにぴったりだょ!」

「・・・」

「だけど、どうやったらお役人になれるか判んないんだぁ」

「困りましたね」



 
とても励みになります。\(^o^)/ 
★ぽちっとお願いしまーーす★

猫国ランキングバナー①


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

ぶぶっ!!
藤平様、三吉に何つー本を貸してるの(笑)。

いよいよかぁ・・・・・・
この章の要だもんね。
しかし、三吉・・・・・・

>「・・・すごくおつむが良くないと出来ないんだって。おいらにぴったりだょ!」

自分で言うかぁ!?(大笑)
本当に、「こまっしゃくれてる」わ!v-411v-411

本なら貸すよ

ハガレンに月光条例にクピドにラスト・・・えっ、マンガばっかり・・・i-229

ならサインを・・・もっといらないi-282

おはようございまぁす。

三吉は利発な子ですねぇ~
子供らしい素直な心ももってるし
ホントに可愛い

きっと将来は茂吉の良き片腕になるでしょうね。
続きが楽しみです。

ぴゆうさん
今日も素敵なお話をありがとうございました。

茂吉もたいへんですね……。

これからこの三吉に因果を含めなければならないんでしょう?

「恵み子」はそうとうの激務ですからね……。

今はあこがれているだけの三吉も、それを知ったとき取り乱さないか心配です。

大丈夫だとは思いますけど。

あっこれからポチします。

あはははっ(^◇^)三吉すごい。
超大物を二人も前にして ぜんぜん負けてないよ。
さすがは恵み子♪
でもその子を伸ばすのは 普通の親ではちょっと無理だね。

茂吉の優しくて ちょっと古風な日本語がとても美しいなぁ~

こんにちは^^
個性がね、ホントに、よく書けていて、素晴らしいなって思います。^^
特にね、子猫の個性。子どもらしくてかわいくて、それでいて、それぞれの個性がしっかりと表現されていて。
実際、子どもって、薄い大人よりも個性的ですもんね。
見極めて、将来の道、大人がアドバイスや指導なりして、開いてやりたいものです。
三吉、これから、どんな勉強していくのかしら。
とっても楽しみです。^^

コーヒーが好きなんで、読んでみたいですね。私時代劇がすきなんで、今高田郁の「みをつくし」です。
泣けて、泣けて大変です。サインいいな~。でも、私は、ふさふさの茂吉をぎゅーって抱きしめてみたいです。罰があたるかな。

こんちは

三吉、何て面白くて賢い奴なんだ!
将来が楽しみ。

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ニャハハハ
v-283


はいな、三吉の出番になります。
けけ、
減らず口はある意味、親譲りかもね。
v-410

レオ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ、人生の深い事が描いてあったりする。
漫画もいい教材かもしれないね。
だけど漢字の勉強にはならないかも。

サイン。
誰かの持っているのけ?
v-410

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

自分でも「鳶が鷹を生んだ」なんてスゴい事を言っている。
並の大人は叶いません。
だけどやっぱり六才の子供。

その通りなのねぇ~~
わかっているようで、わからなかったり。
わからないようで、わかっていたり。
ププ

こちらこそ、読んで戴いてありがとう。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

茂吉の本当の目的ですからね。
これから恵み子のいろいろを話します。

ですね。
六才の子供と云うのがネックですね。
ですが、それも運命。
v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ププ
だよねぇ。
三吉は負けてないねぇ。
二人ともタジタジだと思います。
真面目な大人猫相手だから、面白い。
五黄だと適当にはぐらかしたり、お手なんですけどね。

その通りですね。
難しい処です。

照れますよ、茂吉。
v-410

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとうございます。
嬉しいなぁ~~
子供猫は描いていても、とても楽しいです。

そうですねぇ。
本当に個性的。
個性がキラキラしてまぶしいくらい。
三吉も楽しみにしています。
なにしろ相手が恵み子の元締めですもんね。
v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

高田郁の「みをつくし」
いいですよねぇ~~
涙腺が蛇口全開ですよね。

藤平は珈琲学といい、日々研究をしています。

あれv-405
大胆なむらななさん。
v-283茂吉は照れまくりですよ。
歳の割にちょーー純情です。

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

「そうだよ、おいら賢いもん」
なんて三吉が言いそうだね。

幼くして道が明らかな者もいる。
本人の望みが叶う者もいる。
なれどそれは孤独なもの。
今回は理解者がいるので三吉はとても幸せですね。
v-410

お久しぶりです!!なかなかうかがえず本当にすみませんっ
お加奈ちゃんよかったよぉおおおっ☆☆幸せになってほしいです。いや幸せになりますよね!!
三吉ちゃんの可愛さにキュンキュンしてしまいました。なんて子供らしくて大人っぽい☆

相変わらず挿絵が素敵ですっ素敵なお部屋・・・!私も描けるようになりたいです。
こんなお部屋に私も入りたいなぁvv

猫でなし、、、笑っちゃいました。^^

子供は分かりやすいですね~、そりゃあ、憧れの人に会ったら
サインが欲しいですよね!(笑)

いつもながら、お部屋の描き方が凝ってますよね~!
上等なブルーと紫の絨毯が素敵です。壁紙とも調和していい雰囲気です♪(=^・^=)

いよいよ、三吉に焦点があたるのでしょうか。
カワイイ仔ですね~。一日話してても飽きないでしょうね♪(^∇^)

いよいよ三吉が・・・

どうなるのか想像してみるけど
きっと単純に喜んではいられないんだろ~な

成長するために乗り越える壁、三吉のはかなり高そう。

あ~ドキドキする

びたみんちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

フフ、さっそく脅迫半分の来テェナに反応してくれてありがとう~~
ニャハハハ。
v-283
猫国のニャアは質が悪いぞなもし、
あんまし放っとくと猫国に連れて行っちゃうぞ!

v-391

びたみんちゃんの絵は錦絵の世界、素晴らしいです。
わたしもあんな風に描けたらといつも思います。
v-410

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですよねぇ。
茂吉も面食らったと思います。

絨毯は悩みましたけど、うまく描けませんでした。
なので写真を色々と加工しました。
難しいです。
色々と勉強中です。

三吉は目がクルクルして、可愛いですよ。
確かに飽きないかもしれない。
v-410

まりんママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はい、三吉の出番になりました。

ただもう無邪気に願う三吉と思いきや、やはり理由があったり。
いろいろな事がわかります。

ですねぇ~~
確かにそうですねえ。
v-410

遅くなりました~!
三吉、何かどこかに居そうな
『こまっしゃくれた』子だぁ!!
おつむがいい子は、
ふつう、こまっしゃくれてる・・・の・・かも?
三吉の一言が藤平を動かして
お紺とお加奈は幸せになったんだものね。
三吉、
この子がどう変わっていくのか楽しみ・・・。

こんにちわ~~♪
恵み子というのは生まれた時から決まってるのですか?
おつむがよくないと出来ない人になるというのは これからが大変なのですね。
どんな教育を受けるのか興味のあるところです。

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

恵み子だけあると思う。
この子達には生まれつき「理を為す」と云う宿命があります。
お紺とお加奈をもとの親子に戻せるように努力するのも、
三吉に備わっている能力の一つだと思います。
恵み子は頭の良さよりも、その力が重要なんですねぇ。

三吉はその言葉を楽しんでいる風があります。
世のは叶いませんね。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

はい、決まっています。
頭が良いだけでは、ダメなんですねぇ。
普通、「理を為す」子であるかを見極める為に紫狼(初代恵み子)が見定めに行きます。
今回は茂吉自らが里帰りも兼ねて参りました。

三吉はお紺お加奈の親子を元に戻す為に努力をしていた。
これは恵み子ならではなのです。
茂吉も満足だと思います。
v-410

こんばんはー

 ちょこ食べ過ぎたので、シミが出来たらやだなーと思った私です。
 此処に来るのがとても久しぶりな気分……


 人生で唯一貰ったサインは、荒ぶる有袋類君がマスコットを務める野球チームの現在の監督のものです~そういえば、どこにしまったっけ?

 

こんばんは。

挿絵の三吉さんは、小さくてあどけない感じがしますが、
話し始めると、立派なものですね。(笑)

成長して、どんなお役人さんになるのか楽しみです。^^

由ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

シミが出来るの?
もったいない体質だね。
チョコは見た目よりも味だよ。
ピラミッド型のきれいな色のチョコ食べたけど、ゲキマズだった。
v-12

サインの運命だね。
よくお店に飾ってあったりするけど、埃かぶっているし。
v-12

リュリュママさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

本当に、誰も叶いませんね。
クルクルと頭が回転するみたいです。

どんなお役人になるのでしょうか。
楽しみでもありと云う処ですね。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは~

なんで?!
何でそんな本を貸してたの?!
まっ、ある意味いい勉強になったかもw

茂吉、大人気ですね~(^^)

よしさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

暑いねぇ~~
蝉も本格的に鳴き出しました。
夏~~

ぷぷ。
役に立ったのか?どうかね。
漢字は覚えたと思います。
へへ

三吉ならではよね。
v-410

こんばんは(^^)

どうも・・ご無沙汰してます。
三吉に貸す本??ですね(笑)
もう少し大きくなるとわかるかも・・
茂吉の人気はアイドルなみ!驚きです(笑)

ところで体調はどうでしょうか?
大変だったみたいですね・・。
今年は熱中症が多いようですね。
旦那さんがそばにおられてよかったです。
まだまだ暑いのでお互い十分気を付けましょう!

よしさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

よしさんも疲れが出て来ているのかもね。
無理しないのが一番。
継続って本当に難しい。
只始めた時の感動、それは誰のものでもないよしさんのもの。
わたしも嬉しかった。
パソ上に猫国が映った時、震えるほど感動したなぁ。

のんびりとがんばりましょう。

三吉ならではだよね。
漢字は覚えたかも・・・
へへ

用心してます、怖いもの。
よしさんも気をつけて下され。
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。