スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九章 親子 ノン吉の憂鬱3

前回

久しぶりの宴会を楽しんだノン吉はうたた寝をする、今日も哀しそうな桃吉が助けを求める夢に魘(うな)された。茂吉はノン吉の悪夢の原因が行方不明の桃吉だと知り、詳しく話すように言う。


はじまり、はじまり


「そうすると【皿流し川】の岩に、桃吉の毛と爪痕(つめあと)があったのですね?」

「そうなんだよ、、、だけどそこに居ないから流されたと思って、下流から川の終点の【まま子池】まで隈無(くまな)く探したんだ」

「まま子池まで!?それは大変でしたね、、、」

「ああ、、、。三天狗は、そりゃもう必死に探してくれたよ。小天狗達も総動員してくれてさ」

「そうでしたか、、、お疲れでしたね」

「うん、、、見つからなかったから本当にくたびれたよ。桃吉を竜巻遊びに誘わなければこんな事にならなかったよ、、、」

「兄さん大丈夫ですよ、桃吉はきっと無事ですよ!」

「そんな慰(なぐさ)めを言ってくれるなよ、、、空(むな)しいよ、、、」

「いいえ、そうではありませんよ。魂納めの宮に来ていなければ生きているのです!そうでしょう?」

「(あッ)そりゃ、そうだね!そーだね!!」

「と、言うことはですね、、、『助けられた』という事も考えられますね?」

「ふんふん」

「だとしたら猫に成り立てとはいえ、いい加減に戻って来てもよい筈ですね?」

「うん!」

「だのに助けた者からの『連絡もない』桃吉も『戻って来ない』、、、」

「うんうん」

「皿流し川と竜巻平原はそんなに離れてはいません」

「どうして皿流し川で助かったって言えるのよ?」

「だってあの急流を生きて下れる者等いませんよ。河童でさえ溺(おぼ)れるんですから」

「確かに」

「だけどあそこで桃吉は助けられたのですよ。間違いなく」

「だったら、なんで何も言ってこないんだ?俺達がこんなに心配してるのにッ」

「それは出来ない理由があるのではないですか?」

「何で?」

「だってそうでしょう?考えても下さいよ。五黄の父様に猫にされて間がない、つまりは人間から猫に激変したのですよ。

それだけでも桃吉の体は相当に参っています。その上竜巻の中に入って激流に揉(も)まれたのです。ピンニャン元気でいれる筈はありません。

大怪我を免れたとしても体はめちゃめちゃに疲れている筈です。だとしたら、一月や二月寝込んでいてもおかしくはないと思います。

だとしたら戻るどころか、連絡すら出来る訳ないと思いませんか?」


あーぁ、なるほどー!そうかーーーッ!!


ノン吉が余りに大きな声を出したので、周りに寝ていた者がびっくりして目を覚ます。

ニ"ャ!?ふへ?

急いで皆を叩き起こす。


聞いてくれーーッ!

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
soudan.jpg

ノン吉は茂吉にもう一度話して欲しいと催促(さいそく)をする。皆が茂吉の話を聞くと其れぞれが大いに感心する。

「さすがに茂吉!考え方がノン吉とはひと味も二味も違うよ」

うーてんがしたり顔をして言う。

「ほっとけ!」

「茂吉に最初から聞けば良かったのお」

「父ちゃんまで・・・」

「ふふ。それでその桃吉はどうしていると茂吉は思うのかな?」

「多分、桃吉は記憶をなくしている気がします」


え"ぇ"ーーーッ!?


「あたしも見た事はないのですが、【河童のガス先生】が講義に来られた時に、そういう症状があるとおしゃってました」

「どうして桃吉がそうなると思うのよ?」

「ガス先生曰(いわ)く『肉体に酷いショックがあると、暫(しば)しそのような不思議がある』とおしゃってました。多分、体の防衛本能が原因ではないかと、、、」

「何だかさっぱりわからねえよッ」

「もう、ノン吉は黙っててよ!それで?茂吉!先を言ってよ」

「はい。桃吉は全部忘れているのか一部なのかは、分かり兼ねますが、記憶の喪失(そうしつ)があるから、連絡を取る事もないのだと思われます」

「なんと、、、不憫(ふびん)じゃのおぉ」


桃ぉーーーッ!


ノン吉は天を仰いで叫んでる。

「五月蝿いですよ。それよりも兄さん、うーてんさん、皆さん、よく聞いて下さい!」

「はっ、はい!」皆が素直に茂吉に返事をする。

「桃吉に何か先々の事とか、楽しみな事など何か言った事がありますか?」

「うぅーん・・・」

「そう言えば【猫宿(ねこじゅく)】の話をしたような、、、」

「ガス先生は記憶は断片で残っている事があるとおしゃってました。それも嫌な記憶より、楽しかった事とか楽しみにしてる事等の方がより残り易いとおしゃってました。

そして記憶が喪失した者は、残る記憶の欠片(かけら)を頼りにして探すと、、、」

「それなら・・・あッ、思い出したよ!俺、猫宿で落語を聞こうって言ったよ。桃の奴、嬉しそうに『絶対に行きたい!』って言ってた!」

「うん、言ってた~、うーてんも覚えてる!」

「ならば、皿流し川から猫宿までを探すといいですよ。それに賭けてみましょうよ!」

「ああ、そうだ!そうしよう!!」

ノン吉はてきぱき指図をした。すぐにも外に出ようとするのを茂吉が止める。



とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます^^

良かった。
PCの電源落とす前に更新されてました。

良かった、茂吉から的確なアドバイスがもらえて。
一歩前進!
頑張れ、ノン様! 応援してますv-290

ポチっとな★

おはようございます。

さすが茂吉、考え方が理にかなってますね。
桃吉が無事、見つかりますように~

今日は早めに来れたっ!=^ェ^=

もーーーね、このね、茂吉くんの優れた洞察力、冷静な判断力、
落ち着いた言動の全てが、オバちゃんは大~好きなのですっ♪^^

オマケに、毛並みの色も好き♪お目めも好き♡♡

ノン吉兄さんも、見てると里子に出した琥珀を思い出すのよね~。イケメンにゃん♪(=^^=)

あ~、これからどうやって桃ちゃんを探し出すのか、知りたいーーーーー!(^∇^)

こんにちは^^
ああ、嬉しい。桃吉って見た感じのピンクが愛しくてねえ。^^
やっぱり、正確な判断が出来る人って、大事ですねえ。^^
茂吉様!!日本の総理大臣になって~~~~~!!

忘れず、ポチっとね。(*^_^*)ノ

ポチしときました。

それにしても茂吉……なんと頼りになるやつだ。

ヘッドハンティングしたい。(してどーなる(笑))

こんにちは。

茂吉さん、流石ですね。素敵です。^^

桃吉さんが無事にみつかりますように・・・。

蘭、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

更新がのんびりしちゃった。

こんなこともありなの。

茂吉指導の元に明らかになると思います。

v-410

何か久しぶりに見るなぁ~~

ポチっとな、新鮮だわ。

v-398

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

茂吉ならではですね。

人を納得させるのは感情だけではダメなんですよね。

筋道や理にかなう。

ノン吉やうーてんも少しは学ばないとね。

v-410

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

茂吉もかなりモフモフでございます。

大体固い毛は五黄くらいです。

皆けっこうモフモフのフカフカだったりします。

ノン吉はツルンとナメっこいのねぇ。

ツヤツヤしているの。

琥珀ちゃんはマジ、イケメンニャンだった。

v-413

写真が見たいよねぇ~~

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですよねぇ。

茂吉が説明すると皆、納得しますものね。

そこが茂吉なんでしょうね。


断られますよ、やんわりと。

歳へて醜くなる政治家と千年経っても変わらない茂吉。

魂がまるで違うもの。

v-391

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

人国より終末港の方が怖いわ。

絶対に行かせません。

茂吉は猫国のお宝よん。

v-389

リュリュママさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

本当にスパッと説明してくれるから、皆のモヤモヤも晴れたと思います。

やっぱわからないといつまでも引っかかるものね。

v-410

あはははっ(^◇^)
あの元気なノン吉にさらりと「五月蝿いですよ」って言っちゃう茂吉、
さすがだな~
でも ノン吉のあわてっぷりは
桃吉を思うが故だもんね、それを知ったら
きっと桃吉は嬉しいだろうな♪

桃吉さん記憶喪失ですか。
大変ですよね。どこまで覚えてるのか。
大丈夫かな??
早く見つかることを祈って・・・・

桃吉にだんだん近づけそうですね。
良かったね!ノン吉!
さすが、茂吉だわ~。
またまた、次が楽しみです~~!

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

茂吉ははっきりしているから、

ププ

ノン吉は昔から口では叶いません。

ニャハハハv-283

桃吉は幸せ者だよねぇ~~

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

猫に激変したことに違いはないものね。

いくらボケ茄子v-383の桃吉でも、こたえたのかもね。

ありまぁv-389

お気の毒・・・

ニャハハハ

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はい、近づいています。

何気にね。

茂吉がついていれば千人力でしょうね。

ノン吉もうーてんも兄同然になっていますから、

桃吉は幸せ者です。

v-410

お久しぶりです

遅ればせながら…
 明けましておめでとうございます (^^)

今年もぴゆうさんの紡ぎ出す物語りを楽しみにしています
第八章も泣きながら読ませていただきました
寒波が厳しいです、お体ご自愛くださいね

バケさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおー明けましておめでとう。

今年は寒いよねぇ~~体調はどうですか?
無理しないようにね。
ぼちぼちが一番いいですよ、のんびりとね。

お蜜もようやく旅立ちました。
v-410

バケさん家の子ニャンコ・・がわいいーー
重ちゃんのお話、絶対に重ちゃんが見守ってくれていると思います。
独りじゃないのよねぇ。

茂吉って落ち着きがあって頭のいいニャーさんですね。
早く桃吉とノン吉が逢えますように。

最近ハッピーな話が好きになったみたい・・・

まりんママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

わたしなんか、筋金入りのハッピーエンド好き。

悲劇とかド不幸なのは苦手なん。

歳のせいか、読後に疲れがどっと出るのよ。

とことん幸せになって欲しいと思うのよねぇ~~

だからきっちり書きたくなるの。

八章のお蜜はバッチリこんと書いたのですっきりしてます。

v-410

こんばんはー☆

桃吉さんのこと、ずっと気になっていたのですが、やっぱり大変なことになっているのですね…!!
そして、慌てず騒がず「こういうことかもしれないよ」とおっしゃる茂吉さん…貫禄たっぷりでかっこいい☆

桃吉さんが早く見つかりますように。

挿絵からも見えるノン吉の苦悩・・・憂鬱・・・
さぁ、みんなで桃吉を探しに行こうi-86

遂に始まろうとしている桃吉救出作戦
早く、会えると良いね

おはよ

桃吉捜索隊の出発!っとなるのかな?
その前に何があるもんだかね~

桃が、行方不明で見つからないのは心配ですね。つらいことがあったりすると、記憶喪失になる話は良く聞きます。私も記憶喪失になりたいことがしばしは・・・。早くノン吉がゆっくり眠れるように、桃が無事に見つかるといいのですが。どうなるのかなぁ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

びゆうさんこんばんわー

 記憶喪失は未経験ですが、健忘症で知識がするっと抜ける私です。

 実際に記憶が無くなるとさぞかし大変でしょうねv-292
 いきなり道のど真ん中で我に返り、真っ白な状態でどこもかしこもわからない四方八方を見まわすことになったりしたら……サポートしてくれる方がいれば多少は何とかなりますが、記憶を取り返すのは至難の業です。

 桃吉さんに関しては、うん、何とかなる! ……ハズ。

ゆささん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

遅くなってごめんなさい。

茂吉に冷静に言われると、

イラッとするノン吉ですが、気持ちが晴れるといいです。

v-410

レオ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

皆の気持ちが一つになって、

ノン吉も新たな気持ちで桃吉を探します。

茂吉がついているので大船に乗ったようなものだね。

v-410

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ぷぷ

何かあるのが猫国かもねぇ~~

ニャハハハ

v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

激変でしたからね、仕方ないのかもしれません。

皆も茂吉に説明されて納得がいったと思います。

考えれば、桃吉も大変でした。

v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ですね。

ただ桃吉は不思議な運を持っています。

そしてサポートがあるのが猫国。

安心してね。

v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

風邪大丈夫ですか?強敵のようですね。そういえば、最近風邪もひいておりません。馬鹿なのか、外に出ないからなのか、どちらなんでしょう?温かくして、ゆっくり体休めてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

私も久しぶりです。

旦那風邪でござるね。
人に移した本人は元気になっています。
ムカ!v-412
喉の痛いのが嫌です、飴も舐め過ぎると舌が荒れるし・・・

v-393

むらななさんも気をつけてね。
外出時にマスクした方がいいよ。
カラカラ陽気も原因だろうね。

こんちは~~

そろそろですか?
桃吉との再開は??
楽しみだなぁ~。
茂吉はエライ!!(拍手)

よしさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
何やら水を差しそうで・・・
すまんのぅ~~
始めに謝っとこう。
へへ
v-388
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。