スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九章 親子 ノン吉の憂鬱1


前回

藤平の姿に癒され、己を恥じた昔を思う茂吉。つい言ってしまった長年の思い、藤平は微笑みながら己のあり方を話す。

はじまり、はじまり


「あたしは父様は耐えているのかと・・・だからあたしも耐えねばと、、、」

「直ぐに茂吉は堅苦しく考えるよ。私はね、そんなに立派な猫ではないよ。だって好きなのだもの。何もかも。兄様の大雑把(おおざっぱ)には出来ない事を私は楽しくしているのだよ。楽しい事をさせてもらっているのに何を文句があるのだい?」

「でも、毎朝捨て子を見つけて・・・」

「好きだからできるのだよ。私は子供が大好きなんだもの。門前に居るのだとしたら一刻も早く会いたいじゃないか。実はね、お前が居た頃だけど、いつも兄様が先に子供を拾って来るので不思議だったんだよ。

それで注意してたら、なんとあの寝坊助(ねぼすけ)が早起きして、こそこそ門前に行っていたんだよ。後を付いていったら熊の子を抱いてニコニコして戻ってきて・・・

あの子は《熊の甚五郎(じんごろう)》だったなぁ、、、立派な大工になったものね。懐かしいねえ、、、あの子の造った家の欄間(らんま)は家宝だね」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
ranma.jpg

「小さい時から、手先の器用な弟でしたよ。今では伝説の名大工になってますものね」

「とにかくだよ、それで私は悔しくて明日は絶対に、いの一番に行ってやる!って」

「二人で競争してたんですか?」

「ふふ。そうだねえ~、お陰で暗いうちから見に行く羽目になったんだよ」

「父様達ったら・・・」

「まっ、早くに連れて来れるから、子供の体に障(さわ)らぬ内に温かくしてやれるので結局は良かったんだけどね」

「父様達は楽しいお方達ですよ」

「ふふ、そうかい?」

「そうですよ。あたしは父様達の子供で良かったです!」

「こちらこそだよ」

「あたしも父様のように自分を大好きになって楽しく仕事をします」

「そうだよ。行き詰まったら私の元で息抜きすればいいんだから」

「そうですね。息抜きしに帰ってきます」

「ふふ。私は何でも良いから茂吉がそばに居てくれるだけで嬉しいよ」

いつの間にか竜巻平原に近づいていた。

「父様、あそこが《うーてん》さんのお住まいがある竜巻平原ですよ」

雲の先が地面に着いている。そろそろ動く雲は静かで美しい。二人は地面に着くと周りを見る。

「父様、あそこに桜の木が、、、」

大きく二股に分かれた桜の大木が小高い丘の上に立っているのが見えた。

「立派な桜の木だね~」

「本当ですね、あたしも初めてこちらに伺いましたが、やはり間近で見ると迫力がありますねー!」

「それにしても、お前は何でも良く知っているね。感心するよ」

「職業病ですよ。頭の中には世界地図が全て入っていますから」

「全部かい?」

「はい。この世界の道・川・山脈・洞窟(どうくつ)・村・人数・名前、全てが頭に入ってます」

「へー!さすがに茂吉だねえぇ」

「わからないと仕事になりませんから」

「恐れ入ったよ」

「ふふ。御褒(おほ)め頂き光栄です」

「あれ、あれは?」

桜の大木から少し離れた所に丸屋根の立派なテントが建っている。

「ノン吉兄さんのテントですよ」

「あれ。こんな近場にいて、、、それなら屋敷に帰ってくれば良いのに」

「どうしたことですかね?」

「全く、、、ノンは私が煙(けむ)たいらしいよ」

「ふふ。父様も兄さんには厳しいから」

「いいんですよ、あれくらいで調度良いんです」

「兄さんはあたしのとこに来ると、『父ちゃん、俺に会うとお小言ばかり言うんだよ。怖いよ~』って、もじもじして言うんですよ」

「仕方ないね、子供みたいに、、、」

「ふふ。あたしも兄さんもいつまでもお小言頂戴したいんですから、いいんですよ」

「そんな事を言うのは怒られないお前くらいだよ」

「そうですか?」

「当たり前だよ。ノンは私に怒られる事の方が多いのだから、可哀相かもね」

「おわかりなら、止せばいいのに」

「ふふ、だって可愛いんだもの。いつまで経ってもね、、、」

「お答えになってませんよ」

「いいのさ。もう一人のふらふら父ーちゃんは怒らないから調度良いのさ」

「そうなんですか?」

「そうなの」

まず先にノン吉のテントに訪問する事に決めた。

「兄さん、ノン吉兄さん!」

ノン吉は、うーてんから貰った雲布団の上に寝ている。

「ふへぇ、、、?へっ!誰よ?」

寝ぼけ眼で二人を見る。(え"?)もう一度目を擦(こす)って見る。(じぃーッ)
そこには茂吉と藤平の顔!!びっくりして雲布団から転げ落ちる。


ドテン!







とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ごめ~~~ん1回とんだ~

藤平の言葉は重いね・・・
自分の中で自分は主役かもしれないけど
みんなの中で自分はナカナカ主役になれない
自分の生き方を見つけて自分のポジションを見つけていく
これが、人生・経験なのかもしれない

藤平の生き方
レオは大好きかな

ポチしときました。

熊本の「こうのとりのゆりかご」では、育てられぬとあきらめていた親に、思いとどまるよう一度は説得を試みるそうですが、うーん、猫国とどっちが人道的なんだろうか、と思いました。

うーん。猫国の猫たちのほうが、人間よりも「どうしようもない事態」になる前まで真剣に悩みぬくのかなあ。でもなあ……。

問題が重過ぎてよくわからなくなってしまいました(汗)

おはようございます^^

タイトルが、「ノン吉の憂鬱」かぁ~~・・・・・・

てか、桃吉を見つけに行ってると思ったら、ノン様、寝てたのね!
まぁ、話最初だから、是で判断しちゃいけないんだろうけど(笑)。

今回の欄間の絵は素晴らしかったv-352

おはようございます

私も「どうせやるなら楽しく」がモットーですが
藤平の生き方は学ぶ物が多いです。
茂吉も誰にも負けない仕事熱心さに
藤平の教えが加わって益々成長しましたね。

あぁ~ノン吉登場ですね。
お父様と兄弟の再会
この先の展開が待ちきれません!

ぴゆうさん、いつも楽しいお話ありがとうございます。

熊の甚五郎の欄間素晴らしいですね~~♪
本当にぴゆさん絵がお上手ですね。
雲布団からも落ちるんですね・・・落ちた所も雲の上でしょうか?

拾われた子供達は、こんなにあったかい人に拾われてほんと幸せですね。きっと捨てる親にも、いろんな事情があるんでしょうが、子供はもっとつらいです。心に大きな傷が出来ます。
藤吉の優しさは、きっと心の傷も癒してくれるんだろうなぁ。

うひゃ~~~~ぁ、本当に見事な欄間ですねーーー!^∀^

ウチにも欄間がありますが、これは、スゴイ。。。挿絵には、どうやって描けるんだろーー?

それにしても、毎回、絶妙なところで次回につづきますね♪=^ェ^=

こんにちは^^
さすが甚五郎!!見事な欄間ですね。^^
大きくして見て、さらに唸るマダムです。^^

そして、捨て子・・。幼児虐待のニュースを見ると、アメリカのように、養子の制度が進んだ方がいいのかなと思ったり。でも、子どもって将来的には自分のルーツを知りたいもの。難しい問題ですよね。

猫国のように、育ててくれた親を尊敬出来るのって、素敵なことですよね。

今日も、いっぱい考えました。
読ませていただきましたです。^^ノノ

こんにちは。

藤平さんのように、“自分を大好きになって、楽しんで仕事をする”
というのが、大切なことなのでしょうね・・・。
茂吉さんは、益々素敵に成長して行く感じがします。

甚五郎さんの欄間は素晴らしいと思いました。

欄間の絵が素晴らしいですね。絵の技術もすごいと思います。
欄間は建物の品格を問われるものですからね。その品格が出ている絵だと思いました。
どうも、LandMでした。

こんばんは^^

 次回が楽しみな展開だよ~

 にしても、欄間の挿絵がすごい!!

細かいところまで描かれていて、とてもきれいだね。

 暴風雪にも負けないぞ~





そう言えば、小言は言われるうちが花・・と
いいますね!
心に留めているから・・・気になるから、
つい口からお小言がでる・・。
捨て子を先に拾おうと競争したり・・・
五黄と藤平は根本は似ていますね~^m^

レオ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ウマい具合に折り合いをつけるまでには、色々と葛藤があって当然なんですよね。
元々人は、そんな風にできてはいないのだから。

白と黒だけで世界は出来ていない。
真ん中の色の方が余程多いい。

森は沢山の緑で出来ている。
一色にも見ようと思えば見える。
だけど一色一色、違う。
けっして埋もれていない。
v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

五黄も藤平も子は国の宝と思っている。
育てられないのなら任せてしまえばいいんです。
大事なのは子。
親の悩みは二の次です。
子供の本当は親と暮らすのが当たり前。
いろいろです。
ただ、藤平は子供を育てるのが好き。
それだけなのかもね。
v-410

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

少しは寝ないとね。
ノン吉・・・

話はこれからだからねぇ~~
もちっと辛抱して下さいなーーー

ありがとう。
だけど・・うーんって感じ。
v-391

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

不貞腐れてやってもつまんないし、それだと倍、疲れるんだよねぇ。

不思議なんだけど、やる気って大事だよね。

モノは考えようとポジティブな藤平。

屋敷の者達は藤平が範を示しているので、皆、楽しく賑やかにやっているよ。

あこがれや妻さんと同じね。

v-410

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとう、まだまだなんだよねぇ。

v-277雲布団はね。

床から二、三十センチくらい上に浮いているの。

微妙なのね。

たいして痛くないやね。

v-391

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

本当にその通りですね。

どれほどかけても足りないのが藤平なのかもしれません。

不思議と五黄は一番厳しかったりするんです。

茂吉に幸せだと言われて、藤平は嬉しいでしょうね。

心の傷は外から見えないけど深いもの。

治すのはそれいじょうに深い愛情なのかもしれませんね。

v-410

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとう。
でもねぇ、まだまだなんだよねぇ~~
お手本のように上手くはいかないんだよねぇ。
難しい。

v-393

丁度いい所と思っているんだけど、近頃、長過ぎる気もするし、
だけど、いい所で切りたいし・・・
これも難しいーー

こんばんはー☆

す、すすすすごい!欄間がすごい!!
鶴や松などのおめでたいものがいっぱい!!
技術もさることながら、甚五郎さんの「いいものを作るぞ」っていう気持ちが籠もっている感じがしますvvvそうしないといいものは作れませんからね。

好きだからできる、っていう藤平さんのお気持ち、何となくわかります。
好きなことって、たとえ大変なことであっても、好きだから続けられますよね。周囲は「大変だろうなぁ」って思ってるかもしれないけど。
でも、「大変だろうなぁ」って思いやれる周囲の人も、やさしくていいなぁと思います。猫国の人たちは、相手を思いやることが当たり前になっていますね。素敵ですvvv

ノン吉さん、雲でおひるね、気持ちよいだろうなぁ~。
そして、うーてんさんのお名前が!懐かしいですvvv

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

アメリカは進んでいますよね。
日本はまだまだダメですね。

猫国はトップが子供好き好きですから。
他国でもありません。
五黄と藤平だからとも云えます。

ありがとうです。
だけどダメダメ。
なんか古さをイメージしていたら、古すぎたというか、焦げてるみたい・・・
v-399

リュリュママさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

リュリュママさんが愛情一杯にももちゃんのおしっこの始末をされてる。
「いけない子ね」なんて言いながらニコニコして。
これも仕事だに。
それも楽しくしている。
想像するだけで温かくなる。

藤平も同じなのかもね。

ありがとう・・・がんばらねば!
v-410

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

またぁv-402

褒めすぎでござる・・・

焦げ焦げみたいなのに・・・

中々難しくて、だめですねぇ~~
どーすればいいのだろうといつも考えているんですけど・・・
頑張りマス!
v-398

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおーーー
暴風雪v-276v-399
大変だろうなぁ~~
頑張っているのかな?
無理しないでな。
脂肪も縮むな、キュッと。
春になれなれだ。

ありがとう。
焦げているような欄間だけど・・・
古いのね。
すんごく・・・
古いのでアーール。
v-391

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ、そうだよねぇ~~

けっこうノン吉は弄られキャラなのかもね。

本人に自覚はないだろうけど。

いい爺猫達でしょ。
毎晩、鼻水を垂らしながらね。
v-410

ゆささん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

またぁv-402
ダメダメなんですよ、焦げてるみたいになっちゃうし・・・
襖は気に入っています。
へへ。

ですね。
二人とも何よりも民草を愛しています。
名もなき小さな花さえも。
上がそうなら下もそうなる。
水は高きから流れるものですよね。

雲布団は寝てみたーーーいと描いていても思います!
うーてんは相変わらずですよ。
v-391

生みの親より・・・

ぴゆうさん、夜分に失礼します。

ぴゆうさんのお話の登場人物には悪人がいませんねぇ^^
(あっ、でも全編読破してはいないので~悪人がいたらゴメンナサイe-330
たとえ心に曇りがあったとしても、この村に住む人たちの心根に触れて心の窓の曇りが晴れていきますし。

<人情>という最近めっきり聞かなくなった言葉が、ぴゆうさんの紡ぐお話には溢れていますね。
心がささくれ立った時、ここに来てぴゆうさんの物語にひたってみると、回復できるなぁと思います♪

拙宅へのコメント、ありがとうございました。
他人の子を養える豊かな心・・・
物語であれ現実であれ、尊く強く美しいと感じます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

欄間の絵

欄間の絵、すごいですねーーー!
思わず書き込んでしまいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ローガン渡久地さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

いる事はいるのねぇ~~
まだ出て来てないけど。

嬉しいことを言ってくれる。
現実があまりにスゴくて、心が寒くて荒むよね。
せめてここに来た人には心穏やかな気持ちになって欲しい。
始めた時からそれは変わらないのね。
ローガンさんにそんな風に思ってもらえて幸せだに。

分水嶺@も頑張ってね。
応援するね。
v-410

通りすがりさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとうございます。

だけど焦げているみたいになってしまって・・・
古いイメージなのにぃ~~
おいおいと言いたくなります。

また来て下さいね。
v-410

おおっ、 ここで性格のまったく違う兄弟が揃うね♪
違いがあるっていうのは楽しみでいいものだわ(*^。^*)
バラはバラのように、たんぽぽはたんぽぽのように
育てるのが一番いいのに、 人の目を気にすると
なぜか難しいんだよね~
藤平は本当にその子自身が大好きなんだなっ

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

その通りだよねぇ。
藤平が育てた子は数知れず。
屋敷の者達は全てそうですし、
菰傘村の村民は子供達の子孫です。

二人とも、それはそれは猫可愛がりされましたから。
ぷぷ
今は微塵も見せませんけどね。
強いノン吉も二人の父ちゃんに、まったく頭が上がりません。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよ

欄間、素晴らしいね!!!
ノン吉、久々の登場、楽しみだ。

今、欄間があるおうちなんて、なかなか、ないですよね。今、隣の空き地にはおうちが建つようで、朝から、ガガガって音がしています。自分の血のつながらない子供を育てるって、ほんと「愛」がなければ、できないことですよね。自分の子でも難しいのに。尊敬します。ただ、好きってだけじゃできないことだと思います。

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

久々だよね。

ノン吉もうーてんも、さぞや身体がなまっているだろうね。

こき使うか。

ププ

ありがとうねぇ~~

v-410

むらななさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

元々、藤平達にその意識がないんだと思います。

子供は国の宝であり社会の子である。

ノン吉や茂吉の兄弟達の種族も年齢も様々でした。

小さい頃からそんなでしたから、二人は自ずと大きい視野を持つようになりました。


だねぇ、続き間がないと欄間もいらないし。

残念だよね。

v-393

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは^^

え~~、そうなの!?
私、何度もクリックして眺めたけど、この欄間は凄いと思ったよ~~e-420
だって、「自作」なんだよね?
どなたかのよーに「パクリ」じゃないんだよね!?(←ひえ~~~・笑)
この繊細さは、努力の賜物だと思うよ~~v-411
あまり、点数辛くしなくても良いんじゃないかな?v-398

と、凡人な私は軽く考えちゃうけど、やっぱり追究してる人にとっては、まだまだ満足行かないのかな?i-229
でも、「自分で描く」ってところが素晴らしいよ~~v-345
本当に、「努力あるのみ」だと思うしねv-218

「好きだからできるのだよ。」
むしろ好きでないとできないというか。
好きなことなら辛く感じませんし、なにより長続きしますよね。
僕の場合、政治学の思想に取りつかれてどうしようもありません(笑)

テスト期間の間はなかなか訪問させていただくことが難しいと思いますが、よろしくお願いします。

こんばんはー

 早く桜が咲く頃になってほしい私です。
 寒くて寒くて……あ、四月もまだ結構寒いかも……
 
 欄間の絵細かいですねv-290見事な職人技っぽいです。
 こっちも細かいところに手が届くように頑張ります~

 家族間は、もうちょっと仲良くしたい今日この頃~
 

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ありがとうねぇ~~

沢山の絵や写真を参考にしたり、描いても描いてもうまくいかないし・・・
描き過ぎて濃くなっちゃったり、難しいのよねぇ。
右の鳥は鯉を捕まえているんだけど、わかんないものねぇ。
大き過ぎてもおかしいし、キィーーーーーv-412
描き直すかもしんない・・・

でも、挿絵は楽しいけど難しい。
頑張るのみ。

マキちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

マキちゃんのお年頃は吸収の時代。
どんどん吸収していく事が後々にきっと役に立つ。

政治学・・・素晴らしいよね。
政治なくして国は成り立たない、
思想と同じくらい大事なことだものね。
今の政治家には思想もあるのかねと思うよ。
吉田松陰みたいな大思想家は出ないのかなぁ~~

そんなに気を使わなくていいのに、ありがとうね。
骨休みに猫国に遊びに来ておくれ。
v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

調子はどうなのかな?
病み上がりなんだから、無理しないように。
ぽんぽんを冷やさないようにね。

描きすぎで濃くなっちゃったのねぇ~~
止めると安っぽくなるし・・・難しい。

由ちゃんがそう思っているなら、その気持ちを声にすればいいと思うよ。
人はね、言わないとわからないんだ。
言わなくてもわかる筈は、あり得ないのね。
口がある、その口は話す為にある。
めんどくさがらずに話して下さい。
食事がおいしかったら、美味しいといい、作ってくれた母親にありがとうと言う。
それはとても嬉しいことなんだ。
旦那は必ず美味しいねと言ってくれるよ。
それだけで作った甲斐を感じるものなのね。
頑張ってくれ。
思っているだけじゃダメダメよん。
v-410

桜桃杏だよお~

ぴゅう様~猫国のみんな~
すんごいすんごい遅くなりましたが、
あけおめ~ことよろ~

桜桃杏ね、去年からメッチャ就活で忙しくてね
ぴゅう様も忙しいかと思ってたからコメも我慢してた~
でもね、移動中でも毎日必ず拍手してたし、猫国には行ってたよ

就活大変だったのー
桜桃杏とこは田舎だからさ、全然決まらなくて正直もう気分だった...
だからね、毎日猫国で癒されてた~
報告しまーす信じてもらえないかもしんないけど...
ぴゅう様には悪いなあって思ったけどね、「五黄様」の後ろ姿をお守りかわりに待受画面にして、先週面接受けたら...
内定

すごくない
さっそく友達(猫国ファン)にも教えたよ~
そしたら友達なんか内定でなく決定
すんごいでしよ

ぴゅう様五黄様猫国のみんなに感謝感謝だよ~

これからも毎日猫国行くから桜桃杏にパスポートちょうだいね

桜桃杏ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

こちらは始めてだねぇ~~
嬉しいよv-406
桜桃杏ちゃんの名前が拍手コメにもないから、心配していたのよ。
大変だったのねぇ~~
パスポートは桜桃杏ちゃんの為に作ったものだったから、喜んでもらえて何よりだ。

ご利益があるのか!
それは何より嬉しい。
願いを込めた絵をアップをしましょう。
v-410

私のお守りと違い、すごいご利益がありそうですわ。だって、気合ってオーラががんがん出てる。すごいです。この就職難、内定が決まって良かったですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そんなことは絶対にありません。
むらななさんは一つ一つ手作りをされている。
これは多いに違います。
そんなことを思わないで下さいな。
v-388

五黄の絵は始めて描いた絵でした。
大好きな五黄が「俺の背中はこんなだよ」と教えた気がします。
v-410

こんにちは

突然の訪問にノン吉大慌て(笑)
雲布団の上から落ちたりしておもしろいwww

挿絵の欄間・・素敵ですね♪

よしさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ぷぷ
流石のノン吉様も藤平父ちゃんには敵いません。

ありがとうでござーーる。
なんか描き込み過ぎて、焦げてるみたい。
へへ
v-398
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。