スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二章 旅立ち ノン吉登場2

前回

桃吉は始めて目にする美しい景色に心地よくなり、「ヤッホー」と暢気(のんき)に叫んでいた。そんな桃吉をどういうわけか、白黒猫のノン吉が気に入ったようだ。


はじまり、はじまり




coffee.jpg

挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります



こっちにこいと誘われ、川沿いの道をついて行く、広い空き地にテントがあった。
モンゴルの草原にあるパオのような形をして、骨組も丈夫そうだ。

「ここが俺のねぐらなのさ」

案内されてテントに入る。中は天井が高く広々している。

「おっと、いけないや」

ノン吉がアチチと言いながらヤカンを取る。

「コーヒー飲むかい?」


「飲む、のむ、飲む!」


「さすがに元人間だけあって、熱いのをよくまぁ飲めるもんだなぁ」

感心しているノン吉は、コーヒーを桃吉が全て飲み干してしまったので、昨日の残りのコーヒーを飲んでいる。
桃吉はたぷたぷのお腹を揺すりながらゲップをした。

「うーッ、飲み過ぎたぁ~気持ぢ悪い゛」

「バカだねぇ(笑) そういやお前これからどうするのさ。このまま五斗のとこに居れば奴の商売の干物屋を手伝わされるのがオチだぞ」

「干物臭くなるのはいやだなぁ...そういえば、俺って人間の頃から何をすればいいのかわからないままに夢無き人生を歩いて来たから今さら猫になったところで、急に何かに目覚めようはずもなく、全くわからないや」

「やっぱり面白い奴だねぇ~」

「ほっといてくれ(プン!)」

「お前、桃吉さぁ~俺について来るかい?」

「どこに行くんですか?」

「俺はさぁ、旅から旅の股旅者なのよ。一人で旅してきたけど、桃吉を見てたらなんか一緒に旅をしたくなったょ」

ノン吉が嬉しい事を言ってくれる。

「俺もあてがないし、このままでも仕方ないしナぁ...」

「じゃ、ついて来な!」

ノン吉に背中を叩かれ、その気になった。

「それじゃ五斗に筋を通さないといけないな。後は誰かに世話になったかい?」

「はい、世の吉さんに。それに奥さんが迎えに来ました」

「あいつのカミさんにも会ったのかい」

「はい」

「一人でなくて良かったなぁ~。あのカミさんの色気は並でないからなぁ、世の吉も大変だよ。あいつらのそばにいたら年がら年中の痴話げんかに付き合わされてたまんないよ。

大げんかしたかと思えば、すぐにイチャイチャするから、馬鹿っプルで有名なんだよ」

「へぇー!こっちでも馬鹿ップルなんて言うんだぁ」

「なんでもいいやな、ほら行くぜ」

「ここはのどかでいいですねぇぇ」

「こっちはさぁ、お前のいた世界と違って、何事のんびりしているのよ、何事もさ。だから、あっち風でいると疲れるょ」

「ふーん。ノン吉さんは...」

「兄貴って呼びなよ」

兄貴と呼ぶことにした。ここでは年上の男はたいがい『兄貴』女は『姉さん』と呼んでいれば間違いないと教えてくれた。



とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノン吉・・・兄貴は洒落てるなぁ
風来坊! 旅する猫もいいなぁ

風来の「寅」じゃなくて「桃吉」!
男は辛いよフンフフンフン♪

いいじゃろ、猫国一のイケメンニャンなのよ。
だけど優しくてもう~~いい男猫なのぅv-414

ププ、桃吉は運がいいよね。

こんちは~

桃吉はノン吉と行くのかな?
やっぱり猫はネコ舌という事なんですね(笑)
それと、馬鹿ップルも共通なんだ(笑)
世の吉の奥さんは、お色気ぷんぷん♪
それでは、また(^^)/

よしいぞうさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

遅くなってごめんなさいv-421
なんか風邪がぶり返してしまって、熱ブーでした。

はい、これからいよいよ猫国という感じになります。
女猫は皆、色っぽいですよ。
ニャハハハ
v-410

な、な、なんかビジュアル系猫が出てきてるっ!!!

五斗、あなた人間だったのねw(゚o゚)w

せっかく仲間が出来たのに、五斗悲しむわあ。。。

桃吉、干物臭がまんしなさいっ!(笑)

にゃん先生@管理人さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はい、猫国のイケニャン!ノン吉です。
運命の出会いでした。
末永く宜しくニャン。

五斗は菰傘に馴染んでいるから、大丈夫よ。
へへ
v-410

ノン吉って、良い奴なんですね。
展開が広がっていきますね、想像が出来ないですけど、ゆっくり読んでいきます。

ところで、桃吉って“ももきち”“とうきち”?
ちょっと、桃吉にはまってきたので、気になりました。
桃色だから、ももきちだとは思いますが、あえて。

オムちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

グレート良いイケにゃんです。
それは嬉しいお言葉でござーーる。

ももきちだよ。
可愛いやろ、へへ
川から流れた桃太郎にあやかっているね。
なんて世の吉が適当に言っただけ。
ニャハハハ
v-389

前のコメ、駄目だー。

バオを持つ風来坊って、かなり本格的。
筋を通すノン吉に、改めて良い奴なんだなと感じます。
それにしても、以前のオムのコメントは駄目だ。
桃色だから桃吉って、ちゃんと読んでなかったんだなと反省しております。
第1章で、世の吉が桃太郎について語っていましたもんね。
うーん、2度読みして良かった。

オム、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ノン吉はけっこうステキ猫でした。
へへ

そうかね。
その時はそう感じたのだからいいではないの。
それが大事なのよん。
二度読みして戴いてありがたいことだわ。
v-392

ノン吉はおサレなお家に住んでるんですねぇ~
こうして、旅が始まるのですね。
どうなるのか、期待が膨らみます。

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

中々いいでしょ。
風来坊のノン吉にぴったりでしょ。
へへ

期待してねぇ~
v-398
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。