スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九章 親子 里帰り1


前回

お蜜は沢山の思い出を抱え、故郷の狐国に帰った。


はじまり、はじまり


「お疲れでしたね、兄さま」

「意外に面白かったよ、あっちゃん」

「屋敷に寄ってもらって良かったです、お蜜は以前より数倍も輝いていたように見えましたね」

「本当だよ。前は確かにお風に圧倒されていたのに、今じゃ全く引けを取らない。いや、凌駕(りょうが)しているかもね。女って云う生き物はああも変われるもんかねー?」

「グズグズ過去を引きずって生きてる私ら男とは違う生き物ですよ」

「お蜜の奴サッパリしたもんだよ、ありゃ凄いね」

「何か又、悪さしたんですね?」

「あっちゃんは鋭くていけないね~。
いやね、お蜜があんまり奇麗なお狐に戻ったものだから、ちょいとね...ふふ。

そしたら、『あたしゃ、後ろはきっぱり振り返らねえのよッ、男は金輪際要らないねッ!おととい来やがれ!』って、舌出してんのー」

「すぐにそうだから、、、良い事やっても半分になっちまうんですよ」

「そうかい?」

「そうですよ」

二人はニヤニヤしながら笑ってる。

「だけどさ、狐達の歓迎ぶりは半端じゃなかったよ。

《☆御蜜様☆御帰還式会場》なんて横断幕が掛かってるし、花火は上がるわでさ。国境で待たせていた家臣達が凄い準備をしていたんだね。

中々戻らない俺達を待ちぬいていたから、帰ったら国中が欣喜雀躍(きんきじゃくやく)の狂乱状態でよ。あれにはお風でさえ驚いていたね。喜ぶ狐達にお蜜は泣いてたよ。

『こんなあたしを待っていてくれた』って、空に上がると大きく九本の尾を広げて、

『今戻ったよ~、随分と待たせたねー』って、空中でクルクル弧(こ)を描いてさ。それを見た狐達が『お蜜様ぁーーーッ!!』と、大騒ぎさ~。ありゃ屋敷に戻っても続いてると思うぜ」

「えっ?兄さまは屋敷までご一緒しなかったんですか?」

「これで良いと思ったのよ、、、後はあの二人に任せれば良い事さ。あいつらの国なんだし」

「ふふ。これで狐国は万々歳ですね」

「俺も少しはお節介しなくて済むよ」

「お陰で少しも屋敷に居てくれませんからね」

「いい加減、しばらくは何も無いだろう」

「ならいいんですけどね」

「そう言えば、三吉はどうしているだろう、、、早すぎはしなかったのかい?」

「あの茂吉が付いているのですから、大丈夫ですよ」

「あれも考えれば騒ぎだったね」

「本当ですね。でも、わたしは御陰で家族の大切さを改めて知らされました。父ちゃんや父様と呼ばれる楽しさを味わう事を思い出しました。

これからは昔通りに【兄さま】とこの部屋の外でも呼びます」

「へー、どうしたんだろ?」

話はお蜜が五黄に姿を変えられた頃に戻る。

挿絵参照↓↓↓ 絵をクリックすると大きくなります
mokichisatogaeri.jpg

「父様、父様すみませぬが、起きて下さいませぬか?」

「ふへぇ?...ぐぅ~ぐぅ~...」


藤平父様!茂吉ですったら!


藤平はいつも通りに八時には床に入った。

五黄は帰って来ないし、ノン吉は黙って旅立ってしまうし、、、藤平は二人に腹を立てていた。そう云う時は独りで【天狗の壷(つぼ)酒】を飲む。

ノン吉は好物の此の酒を必ず土産にして持って来てくれる。友達のうーてんが大きな樹のうろで造っている。

どこにも売っていない酒で、いつもノン吉が壷に並々と入れて持って来てくれる【天狗の壷酒】と呼んでいる。そう呼ぶのは藤平だけである。

ノン吉は可愛いのである。

何杯か手酌をしている内にすっかり眠くなって、ヨロヨロしながら床に入ると直ぐに高鼾(たかいびき)を始める藤平であった。何回か茂吉に揺り起こされてやっと目が開く。

「おんや?茂吉がいるよ。わたしが茂吉に会いたくて仕様がなかったから、とうとう夢に出たよ...」

「父様。夢じゃありませんよ、本当ですよ」


「えっ?あれ!あれまあ、茂吉だよッ、正真正銘に茂吉だよー!


藤平は茂吉だとわかると抱きついて喜ぶ。藤平は幼い頃から茂吉を嘗めるようにして可愛がっていた。

ノン吉と違い、大人しい茂吉は藤平に逆らったことも無い。だが自分ばかりをえこ贔屓(ひいき)をすると、『いけまちぇん!』と、幼いのに毅然(きぜん)として藤平を怒る。

藤平は茂吉の利発なところも可愛かったが、間違いを正す心根の真っ直ぐな処も愛した。ノン吉の逞(たくま)しく優しい処も五黄のようで嬉しく、何よりも幼い 二人と暮らした頃が藤平にとっては一番楽しかった。

あれから何百年振りだろうか、、、手紙の遣り取りはあっても会う事はなかった。

茂吉は【御係所】【身魂抜きの宮】【魂納めの宮】の三役所の統括責任者としての仕事に加え【恵み子の学校】の校長も兼任すると云う殺猫的なスケジュールをこなしていて、帰る事は今まで一度もなかった。

藤平にしても屋敷の仕事から手を離せずにいるものだから、ふらふらしている五黄がたまに茂吉に会ったと聞くと腹が立ったが、屋敷の仕事をさぼって会いに行く訳もいかず我慢していた。

その茂吉が来てくれたのである!喜ばぬ訳が無かった。






とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

新しいお話が始まりましたね。
さてさて今回はどんなお話になるか楽しみです。
更新無理しないように頑張ってくださいね。

ryuさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

はい、やっと九章になりました。

お馴染みが沢山出てきます。

宜しくニャーー

v-283

いつもありがとうv-406

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

立派になって故郷の狐国に帰ったお蜜を
狐たちがどれほど喜んだ事でしょう。
本当に良かった♪

藤平も可愛い茂吉が久しぶりに帰ってくれて
さぞ嬉しいでしょうね。

これからの展開が楽しみです。
ぴゆうさん、いつもありがとうございます。

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

錦を飾る気分でしょうね。

お蜜も必死に頑張ると思います。


そうなんですよ、藤平の大切な息子。

お互い、嬉しくて夢のような気持ちでいるでしょうね。


九章も宜しくニャーv-283

こちらこそ、いつもありがとう。

おっ懐かしい名前が。

また新しいドラマの始まりですね。

それにしても、

桃吉はどうなってしまうんだろう……。やきもき(^^;)


あっポチしときました。

お蜜さん故郷へ帰ったんですね。
みんなに歓迎されて幸せですね。
これからどんな風に狐国がなるのか楽しみです~~♪

こんにちは^^

九章、始まったね。
今日は、まだ触りの部分みたいだけど、「三吉」の名前が出て来たから、何となく察しはつく。
しかも、茂吉は出て来るわ、タイトルが「恵み子」だわ・・・・・
これからが楽しみですv-290

五黄様、お蜜に振られちゃったのね(笑)。

こんにちは^^
お蜜が大歓迎されてる様子。いいですね。
みんなが幸せを感じる風景、大好きです。^^

九章、どういうことが始まるんだろう・・。
この絵の茂吉の目に吸い込まれそうですよ。(=ΦωΦ=)ノノ
展開、楽しみにしています。^^ノノ

新しい章が始まって、ワクワクして来ました。

「天狗の壺酒」って美味しそうな名前ですね~。

お蜜さんは素敵だし、茂吉さんも良い感じがして
好きです。

これからの展開を楽しみにしています。^^

新しいお話がはじまりましたね~!
今度はどんなお話になるのか、楽しみ~~!!
わくわく~!!
ぴゆうさん、頑張ってね~。(*^^)v

新章!!ですね。
再開おめでとうございます。
装いも新しくなり、これからどうなるか…というところですね。
また楽しく読ませていただ行きますね。
どうも、LandMでした。

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

懐かしい面々がぞろぞろ出てくる章になります。

気になることもいろいろとね。

宜しくニャーー

v-283

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お蜜は今までを取り返す為にも頑張ると思います。

これからも、たまーーーに出てくると思うので、宜しくニャン

v-283

さっそくキャベツとリンゴのサラダを作りました。

さっぱりして最高に美味しい。

ありがとうねぇ~~

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ふふ、ニャイしょだよーー。

v-391

五黄は相も変わらずでござりんこ。

振られても懲りてないし。

v-391

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

私も大好きなの。

最後がハッピーにならないと、どよーんとしてしまうの。

年のせいか?

涙腺も弱くなったような気がするしぃ~~


これからはお馴染みさんばかりになります。

宜しくニャーー

v-283

リュリュママさん、いっしゃーい!

こんばんはーv-411

幻の猿酒と云うのを聞いた事がありました。

それは木のうろに猿が採った果物を貯めていたところ、発酵して酒になる。

そんな話だったと思います。

何やら気になっていて、どうしても書きたかったのです。

へへv-389


嬉しいなぁ~~

宜しくニャーー

v-283

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおーー

わくわくなんて嬉しいなぁ~~

期待に応えられるようにふんどしを締め直さないとv-405

履いてないよ~~

けけ。

これからも宜しくニャーー

v-283

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおーー

ありがとうございます、頑張りマス。

ダレダレの疲れも取れたような気がします。


LandM(才条 蓮)さんの御作品も最終章ですね。

寂しい気持ちで一杯です、続編もひそかに期待しています。

へへ。

お互いがんばりましょう。

v-410

こんばんは^^

 愛しの五黄を袖にするなんて、お蜜はなんて男前

迷いはないんだね。

 茂吉かわいい!!

どーちん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

だしょ。

男前な女なりました。

五黄も振られて満更でないかもね。

あーイヤだわ、大人の恋愛って!

ププ

それに比べて茂吉はピュアよ。

v-10

お蜜様が去って猫国も寂しく・・・
なーんてなりそうもないね♪

数百年も帰ってきたことがない茂吉が帰ってきた。
いったいなんで?
何が起こったんだろう、ワクワク(*^。^*)
私には見当もつかないから余計楽しみだわ~

とうとう新章突入ですね。
懐かしい面々が出てくるそうで。
楽しみです。

更新頑張ってください!
これからますます寒くなるのでお体にお気をつけて。

お久しぶりです!!うおおお長らくお邪魔できずすみませんーーーっ!!!
も、ものすごくお話が進んでいますーーーっドキドキ
ま、まだ全部読み終えていないのですが我慢できずにコメントボタン押してしまいました。
だって・・っう・・・だってお蜜ちゃんが・・・っ故郷に帰ることになったなんて・・・!ふおおおおっ
どうして長いお話になってもぴゆうさんのお話はぶれたりしないのですか・・っ
そして飽きることのない展開と引き込まれる文章・・・。
い、今からニヤニヤしながら来れなかった分を読みに行きますーーーっうほほほー!

こんばんはー


 茂吉さんは働き者ですね~
 一流芸能人顔負け(?)のスケジュールをこなすなんて……
 そのスタミナ&メンタルのタフさを是非とも分けてほしいですv-291

 年末になると怠け心が満開になる猫もどきの私です。
 大掃除、しないといけない。 
 
 

新章突入ですね~♪
これからどんな展開になるのか楽しみです。

でも、藤平様の喜び方が尋常じゃないですよねぇ
よほど会いたかったんでしょうねi-241

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよ

狐国は一段落。
次は何が始まるのかな?楽しみだよ!
ドッキドッキ!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

出遅れました~~~、もう次の章がはじまってる~~~♪^∀^

五黄と、お蜜のやり取り、素敵ですね♪
映画になりそうですもん。またの再会を楽しみに!^^

やった~!茂吉が登場ですねっ!もう、だーーーい好きやねん♪(=^^=)
純粋で賢い、選ばれた仔。。。なにが起きるんでしょ~?
楽しみ~~♪(^∇^)

それにしても、、、天狗の壷酒、、、呑んでみた~い♡

園長さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですね。

いろんな事がまだまだあります。

茂吉も九百年ぶりの里帰りです。

今回はお馴染みさんばかり。

これからも宜しくニャー

v-283

マキちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

はい、あんまり出さないと文句が出そうで・・・

ニャハハハ


マキちゃんは具合はどうかしら。

無理しないようにね。

勉強には体力もいるからね。

これからも宜しくニャーー

v-283

びたみんさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おおーー久しぶり。

個展の御成功、おめでとうございます。
素晴らしい作品ばかりだもの。
見に行けなくて本当に残念でした。

お蜜もようやく故郷に帰りました。
これからは九章になります。
宜しくニャー
v-283

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

帰りたくても帰れなかったのねぇ~~

茂吉はちょーマジメだから、尚更だったのかもしれません。

藤平とは昔から気の合う親子。

嬉しかったと思います。


由ちゃんもがんばってるじゃないの。

怠けていたら、文と挿絵は書けません。

少しノンビリしてもいいくらいだよ。

v-398

レオ、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

これからも宜しくニャン。


藤平は茂吉が可愛くてならない。

幾つになってもそれは変わりません。

九百年振りになります。

喜ぶわけよねぇ~~

v-398

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

はい、やっと治まる所に治まった。

狐国は万々歳だと思います。

九章はお馴染みさんばかり。

宜しくニャー

v-283

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

あの二人は大人の関係よ。

苦くてしょっぱくて甘過ぎるの。

ぴゆうにはわかんないv-389

けけ。

茂吉ラブだったのですか。

ちょーお薦めのニャン物です。

天狗の壷酒、ふふ。

宅配させましょうか。

v-410

新しいお話ですね。どんな話か楽しみです。今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。もう、帰省するので、ブログは来年更新しますが、じいじいがパソコンもってるので、向こうで時間があったら覗きにきますね。風邪などひかないように、良い年をお過ごしください。

むらななさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

こちらこそ、むらななさんと知り合えて本当に良かったです。

楽しいお正月をお過ごし下さい。

腱鞘炎も治るといいですね。


九章はお馴染みさんばかりになります。

これからも宜しくニャーー

v-283

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんはー☆

お蜜さんが無事に帰国できたことお喜び申し上げます~~~!!
「今戻ったよ~」ってクルクル回るお蜜さんと、彼女を囲む狐さんたちの図が、すーっと浮かんできましたよ!
かっこいいですよね、何かひとつの困難を乗り越えたあとの女性ってvvv

お父様を起こす茂吉さんのイラストが、とってもめんこいです☆
彼らも再会できて良かったです~vvv
何百年ぶりですか…長かったのですね。嬉しさもひとしおでしょうね(^ ^)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆささん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ですね。
お蜜は集まってくれた群衆を見ながら、うれし涙と共に覚悟も決まったでしょう。
きっと今に狐国の民が誇れる女王になると思います。

茂吉もすっかり子供に帰っています。
どんなに偉くなっていても、親の前では子供になる。
v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました

今年は大変な年でしたが
ぴゆうさんに巡り会えて幸せでした。

みーちゃんご飯食べてますか~?
ご家族お元気に
どうぞ、よいお年をお迎え下さい。

私もきっと来年はイイ年になると思います。
来年もどうぞよろしくお願いします。

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

本当にね。
軽々に言葉にしてはいけないと思うほどです。
ですが、あこがれや妻さんが明るく前を向こうとしている。
間違いなく沢山の人々が背中を支えていると思います。
私も後ろの方で支えるお仲間に加えてもらいたいね。

来年もヨロシクね。
良いお年を~~
v-398

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

追記。

みーは大分良くなりました。
ありがとうね。
ご心配をおかけしました。
庭で日向ぼっこをしています。
ホッとしたぁ~~
v-398

こんちは~

狐国で歓迎してもらってよかったですね~お蜜さん☆
お風にも引けを取らないとはすばらしい!

さて、久しぶりの馴染みの名前の登場に
記憶を呼び覚ましました(笑)
さあ~次のお話はどんなかな(^^)

よしさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

兄弟姉妹で王なのよね。
弟だから、妹だから引けを取るわけではないのね。
担う仕事が違うだけ。
藤平が生き生きと輝いているように、お蜜もそうなると思います。

おおーここまで来なさった。
見た顔ばかりだと思います。
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。