スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八章 お蜜再び 木平(もくべい)5

前回

木平が身魂抜きの宮に襤褸布(ぼろきれ)になりながら、訪ねた気持ちが痛いほどわかる。

自分も間違いなくそうしたと思った。茂吉に諭された言葉はそのまま、自分に云われたような気がする。

それはそれは大きく深呼吸をして、木平が力強くガス病院を目指し旅立った姿が目に浮かぶようだった。



はじまり、はじまり



「ある日、粒傘(つぶかさ)村に行った時ですた。足を挫(くじ)いてしまって難儀していたんだす。その時には不思議膏も持っていなくて、痛くて道端に座り込ん でいたんだす。だけど誰も声も掛けてくれません。

禿(は)げていたり、膿んでいたりして、そばに寄るのも憚(はばか)れる様な今より酷い有様ですたから、、、
そしたらね、声を掛けてくれた女狸がいたんだすよ。
inako.jpg

挿絵参照↑↑↑  絵をクリックすると大きくなります

その狸は私を家に連れて行くと、怪我の手当をしてくれ、その上ご飯まで食べさせてくれたんだすよ」

「良かったわね」

「へい。わすはとても嬉しくてお礼をしたいって言ったんだす。その狸は『そんな気遣いしなくていい』って。だけどわすには、その家は決して豊かには見えなかったんだす。子供も沢山いたすね。そしたらその狸が嬉しそうに言うんだす。

『あたいは今とても幸せなんだ。優しい亭主に可愛い子がいる。食べていくのは大変だけど、毎日張り合いがあって楽しくて仕方ないんだ。あたいに礼する金があるんなら、もっと自分に使いなよ!』

わすは言葉も出ませんですた、、、こんなに優しい者も世の中にはいるんだって。それなら忘れたくないから、せめて名前を聞きたいと言うと、その狸が【稲子(いねこ)】と名前を教えてくれたんだす」


うわァぁぁぁ~~ん・・・うわァあああ~~ん・・・


木平は急に泣き出した、お蓑は驚いた。

「どうしたのよ?木平さん!悲しい事を思いだしたの?」

「いいえ・・・違うんだすよ、ヒック。お蓑さん。わすはね・・・その狸の名前を聞いて思い出すたんだす。酷い事を言って傷つけた狸だったんを・・・うっう・・・」

「似てる名前じゃなかったの?」

「いいえ、まちがいなく本人ですたよ。笑いながら昔話をしてくれたんだす。自分はここに嫁に来る前にとても好きになった色男がいた。その男は皆の憧れの的だった。

見向きもされなねぇのはわかっていたけど、一生懸命に銭を貯めてようやく美しい鼈甲(べっこう)の櫛(くし)をプレゼントをすた。そすたら、その男は目の前で蓋(ふた)を開けて、鼈甲の櫛を見ると鼻でせせら笑って投げ捨てたと、、、

『こんなもの掃(は)いて捨てるほどあんだよ!もう少し頭を使いな!それに、よくもそのご面相で俺に告白出来たもんだッ!お前は鏡も持ってねぇのか?』」

「そ、そんな事言ったの?」

「へい。わすは確かに言いますた。稲子さんだけじゃなくてね。プレゼントの中身に寄って言い方を変えてるだけで、器量が大したことねえ娘には必ずそう言って傷つけてますた。

捨てた品は後でしっかり手伝いの女に拾わせて質屋に売りに行かせてますた」

「呆れた・・・」

「へい、、、稲子さんは酷く傷ついて死のうとすてフラフラと村外れまで歩いて道端に座り込んじまって、これから遠い身魂抜きの宮に行くより、この場で死にたくなって喉に刃物をあてようとすた処を旦那さんに救われたそうだす。

旦那さんは様子がおかしい稲子さんが、気になって村から後を付けていたらしいだす。声を掛けようかどうしようかと、迷っている内に稲子さんが、とんでもない真似をすんで、慌てて止めたそうですだ。

稲子さんから事情を聞くと旦那さんは大変怒ったそうですだ」

「当たり前よッ!あたしだって許せないわよ!」

「わすはあのままで居れば村の者に殺されていただす。偶々(たまたま)、その日に狸兵衛様に呼ばれていたから命が助かったんだすよ。旦那さんから、稲子さんの話を聞いた村の者は手ぐすね引いてわすの帰りを待っていたそうだす」

「前から憎まれていたのね?」

「へい。今までは酷い事を言った女は他の村の者だったりすてたもんでね。だけど今回は村で一番の愛敬者で通っていた稲子さんを、自害したくなる程傷つけた訳ですから」

「とんでもなかったわね」

「へい。わすが待てど暮らせど帰って来ないもんで、実際は醜い姿で戻っていたんだすけどね。旦那さんは稲子さんに一緒になって村を出る事を申し出たそうだす。

稲子さんも村に居るのは恥ずかしかったので、結局二人で村を出てこの粒傘(つぶかさ)村に来たそうですだ」

「そのお方に木平さんはお世話になったのね?」

「へい。わすは己の所業に反吐(へど)が出ますた。稲子さんが神様のように見えますたよ。稲子さんはわすには気が付いていらしゃらない御様子ですたから、わすは何も言いませんですた・・・言えなかったんだす」

「確かに言えないわよね」

「へい、それからはどんな事も辛く感じなくなりますた。追い剥(は)ぎに遭っても『汚い!気持ち悪い!』と、どんな言葉を言われても、わすには励みになっていたんだす。そうして、ようやく一月前にここに辿(たど)り着きますた」

「でも、木平さんて悪いけど、随分と歳取ってるように見えるけど?」

「少しは苦労すたからですよ」

「そうだったの...あたし、とても良いお話を聞かせて頂きました。有り難うございます」

「何を言うだすよ、わすのつまんねえ懺悔(ざんげ)話ですよ」





とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよ

木平さん、本当はとってもラッキーだったんだね~
お蓑ちゃんにもとっても良い話だよね。
次、またまた楽しみだよ!

おはよう

風邪の具合はどう?
無理しないでね。

きょうも良いお話を聞かせてもらったわ。
「今とても幸せなんだ、礼する金があるんなら、もっと自分に使いなよ」
欲張って生き事への警鐘だね。
気を付けなくちゃv-393
(でもコメ一番乗り出来なかったワンv-405欲張りな私)

おはようございます

休日の朝
とても気持ちのいいお話を読ませて頂いて
ありがとうございます♪

事後報告で恐縮ですがリンクさせて頂きました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

こんにちは~^^

お~、今日の木平さんのお話は、幸せって自分の中にある
ってことを思い出させてくれますね♪

それにしても、次々に会うべき人に会っていく木平さん、そしてお蓑。
益々、こちら側の人間の世界も同じだな~と思えますね。(=^^=)

ぴゆうさんの描く挿絵は、シルエットが丸くて、色彩が優しいですよね。
差し支えない程度でいいのですが、どのようにして描いていらっしゃるんですか?
とても、興味あります。。。機密事項だったら、スルーしてね♪(*^^*)

うわ~~ん。
いい話だす。(T T)

この挿絵、すごくいいですね。^^

木平さんの今後も、お蓑がどうなるのかも、すんごく気になる~~~~!!

ああ、早く続きが読みたいです~~!!

かぶちゃん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

FC2はどうなってのや?

メールが来なくてさ、コメがないんかと今の今まで思っていた・・・

この画面を確認したら、

ひぃ~~コメがあるぅ~~

遅くなってしまった、ごめんちゃい。

そうだね。

木平がどれほど辛い経験をして、ここに来たか。

その事を知っただけでもお蓑に良かったと思います。

v-410

rovinpopoさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとう~~根が丈夫な奴。

か弱い所、まるでなし・・・ニャハハハv-283

もう元気百倍女!

rovinpopoちゃんはどうなの?

寒いもんねぇ~~

二の腕を冷やすと咳が出るらしいよ。

冷やさないでね。


稲子はこれから、たまーーーに出てきます。

だね、欲にきりなしと云うけど、それは自身を不幸にするだけなんだよね。

少しはないとダメだけど、少しでいいんだね。

v-410

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

にゃんとv-405

ちょっと前に遊びに行ったのに気がつきもしない・・・大ボケだわさ。

私もリンクしますです。

メルが来ないんだもの。なんでやねん!ごめんねぇ~~

これから末永くよろしくお願いします。

v-435


ルビィさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

木平は幸せ者ね。

稲子が幸せな事も大事。

幸せだから分けられる、木平は素晴らしいものを戴いた。

形は変わっても恩返しはできる。

また、稲子のした功徳は必ず返って来る。

幸せって巡るものだと思う。


挿絵はフォトショップです。

人物はフリーハンドで描いています。丸っこいのはその所為だと思います。

直線はダメなんですよ、ヘタクソなもんで。

原色で使うのは鼻の黒ぐらいです。

あとは全てぼわっ~~としてます。

本人がボケ茄子だからだと思います。

けけ

まだまだ、ダメダメなんです、だけどね楽しく描いています。

一度もイヤイヤがないの。

皆様に皆を紹介できるのが楽しい。

これからもお付き合いしてね。

v-398

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おおーー、ありがとうござんす。

今回は木平の懺悔話の最終になります。

長い間、お疲れでやんす。

木平も全部話してホッとしていると思います。

後はお蓑がどんな風に受けとるかです。

v-410

ありがとうございます

ぴゆうさん、リンクして頂けて光栄です。

こちらこそ、これから末永くよろしくお願いします。

この話を聞いたお蓑は、自分のことを振り返って、
どう感じてるのかな?
木平さんは稲子さんから、お金に代えられない
モノがあることを、教えてもらったけど、
お蓑は誰に懺悔話をする事になるのかな?
ますます、ドキドキ・・。
ぴゆうさん、いいお話だね~~!
ポチッと!!

あこがれや妻さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

うっひゃーv-405

こちらこそご丁寧なご挨拶、恐縮します。

あこがれや妻さんに、少しでも猫国を楽しんで戴けるように頑張りマス。

末ニャがーーーく宜しくニャンv-283

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

だね。

旅は木平にいろんな事を教えました。

稲子に戴いたものは一番応えたかもね。

不思議だよね、罵倒されるより優しくされる方が応える。

お蓑は何を思うだろう。

v-410

木平殺されなくてよかったですね。死んでしまったら、反省も懺悔もできません。どんな姿になっても、生きてやり直しができるんですから。なにより、傷つけてしまった人のために、泣く事ができてよかった。お蓑にも伝わるといいですね。

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

FC2からコメが来ましたっていうメルが来ないの。なんでだろ。

困っちゃうよ。


木平は生き直しをするチャンスをもらいました。

稲子の真心に触れて始めて、

狸生をやり直す事の大切さを思い知ったのかもしれません。

あだやおろそかにしてはならないことです。

それはお蓑にも云える、メメやガスに施された恩。

もらうだけではいけない、返す心がなくては今までと何も変わらない。

v-410

こんばんはー

 風邪は治りましたか?
 私は今日は温泉に行ってきました~
 お爺さんとかと話はしませんでしたが良い湯でした。心の奥底までとはいきませんでしたが癒されましたよv-290


 木平さんは良い方向に向えてよかったです。
 良い人に出会えたのはとても重要な事。これに恵まれないと他者への不信と自己不信が重なりより卑屈な方面に考えが走ってしまう可能性が高くなります。
 
 つながりの重要さを感じましたv-291 

考えてますな、狸の親分。

配慮も冴えております。

それにしても……女たらしというものは、いつの世も「女性に対する気配り」を無意識のうちにやっているから女性をたらしこめるものだと聞きましたが、昔の木平はどうしようもないやつであったんですなあ……女たらしの風上にも置けん。

ポチしときました。時間に余裕を持って帰って来れたんで……。

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

大丈夫だよ~~もう根が丈夫な奴。

すっかり元気だよ、ありがとうねぇ~~~


温泉はいいね、心までホッカリするもの。

爺ちゃんと話をするなんて、ステキではないか。


そうだね。

木平が反省して歩いて来た道が、間違っていなかった。

だからこそ、稲子に出会えた。

そんなものかもよ。

v-410

ポール、お帰りなさーーい!

こんばんはーv-411

木平は群れて来る女共を、ヒョイヒョイとさばいていたのかもね。

最低な奴でした。

稲子は傷ついたけど、一番ステキな男と出会えた。

傷つけるより傷ついた方が、浮かぶ背があるのかもね。

v-410

挿絵の稲子さん、メッチャ可愛いよi-233
木平の目が節穴で良かった。
稲子さんも辛い思いをしたかもしれないけど、最愛の家族を手に入れたんだね

そんな懺悔を続ける木平を見てお蓑はどうするの?
変わらなきゃi-236

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レオ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

そうだね。

節穴で良かった、良かった。

ニャハハハv-283

木平もそう思ったかもしれないね、自分の愚かさを再認識したと思う。

これからはお蓑次第だね。

v-410

こんにちは^^

2日も空けてしまいました・・・・・v-406 ごめんよe-330
やっと来たど~~v-290

自分が蔑んだ女に助けられる・・・・・何ともまぁ皮肉な運命だった事か。
でも木平は、稲子の人となりを知れた事で、また一つ成長出来たんだと思う。

罪が許されてもしかしたら元の姿に戻れるかも知れない。
その時に、「外見では決められないモノがある」って事を、心底叩き込まれたと思うよ。身を持ってね。


今回の木平の懺悔を、お蓑はどんな気持ちで聞いたか。
我が身に当てはめて考える事が出来るのか。
他人を恨まず、自分の所業を反省出来るようになるのか。

運命のターニングポイントだねv-290

蘭、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

大丈夫なのかな?

無理したらダメよ。


だね。外面のなんと虚しいことよ。

この一件で心から理解できたと思う。

また、木平は誰にも言いたくなかった秘密の出来事。

お蓑は真剣に受け止めなくてはならない。

その通りだね。

v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

追剥に会っても 励みになったというのは
それだけ日々 自分を鞭打って懺悔してきたんだね。
だってヘタすれば殺されるかもしれないんだもん。
木平さん 元々の心はとても素直だったんだよ。
だから良い者たちに会えた・・・

お蓑さんもね♪

カギコメちゃん、いらっしゃーい!

ありがとちゃーん。
いつもどうもだよ~~v-398

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうだね。

この旅は試練、苦難、修行と辛いことばかりだったと思います。

それは砂漠に咲いた花のように、木平の心を癒してくれたでしょう。

だからこそ、励みになったのかもしれません。

素直になったからこそ、稲子の真心も届く。

木平もこれから。

お蓑は始まってもいない。

v-410

とてもいいお話を聞かせていただきました。
お蓑さんはそんなことが言えるようになったんだね。

木平さんは確かにひどいことを言ったりしたりしてきたけど
うわァぁぁぁ~~ん・・・うわァあああ~~ん・・・
という後悔の涙から、今の気持ちが切実に伝わってきました。
切ないですv-409

のりさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

少しは神妙にならないとね。

辛い体験を飾ることなく、全てを話した木平。

木平にも大切なものを戴いたお蓑。

もらってばかりじゃ話になんないね。

さてどうするお蓑?

v-389

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

私もあるのよ、痛くてねぇ~~

痛めては、治しながらの繰り返し。

大事にしてね。

カギコメちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

毎日、ありがとねぇ~~

けけ。

お互い様か。

v-410

カギコメちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

元気になってくれたら最高に幸せ。

のんびりとね、のんびりでいいんだよ。

v-410


少しご無沙汰してますm( _ _ )m

木平さんのお話は聴かせてくれますね。
ありのまま伝えてくれるのがいいです。
なかなかこういう心境にはなれないですよね。
お蓑さんがどう受け取って自分を変えていくかが楽しみです。

マキちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お蓑だから話せた。

木平も全て話してホッとしたかも、

お互い、いろんな意味で良かったかもしれない。

後はお蓑次第でござるv-14

こんばんはー☆

木平さんの紆余曲折話、涙なしには読めません。
昔、傷つけてしまった人が助けてくれて
しかも「お金なんていらないよ」だなんて…。
木平さんじゃなくても泣きますよ~(ToT)。
そりゃ神様みたいに見えますよね。

一部始終を聞いたお蓑さんは、何を思うのでしょう…。

ゆささん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

身に沁みるとは、こんなことを云うのかもね。

木平が本当の意味で反省した瞬間かもしれない。

辛く哀しい懺悔話は終わりました。

聞いたお蓑は、受け止められる器。

捨てるも血肉にするも、後はお蓑次第。

v-410

木平さん、稲子さんに再会できてよかったです。
ちゃんと自分のしてきた酷いことに気づけて、そして人間、いや生き物は容姿じゃないって気付いたんですもんね。
捨てる神あれば拾う神あり。
なんだかんだいって、木平さんも、お蓑も、いい出会いをしてるんですね。

それにしても、「心の姿」
一日でいいから、この人間界も、そんな風になってみたら・・・。
とか思ったら、怖かった・笑
鏡の前に立てないかも~~(^.^;)

limeさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

顔じゃないよ心だよって謂うのにねぇ~~
木平は自分がそうなって初めて気がついた。
目はかすんでいても
稲子の美しさ、輝いて見えたでしょうね。

わたしなんか普段でも鏡の前に立つのはイヤでござる。
あーじゃねえ、こうじゃーねえときりがない。
その上、性格まで・・・
v-12ホラーーーーでござる。

きょうの話もいいですね~
木平の自分のやってきた事の醜さが
思い知らされて良かった^^
お蓑さんも、そうやって気づいていくんだろうね。

稲子さん・・素敵な心の狸ですね♪

よしさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

稲子は仇で返さずに徳で返していた。
木平の心に沁みたでしょうね。
これでわからなかったら、茂吉は許してもこのドテラが許さん。
魂沈めしたる。
へへ
v-389

 こんにちは。
そうか… 辛い言葉も 自身を省みたものには 励みになるのか。
自身を冷静に見て 自身を確認して 辛い言葉を 受け入れる事が出来る自身に
安堵を感じるのかな。
次は 彼女自身が 成長する番 皆が期待している 皆の期待に応えなければな。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

木平がそれだけ成長をしたのでしょうね。
今までは外面だけだった。
今は内面が輝いているから、外面なんてと思える自分になっている。
だから、ひどい言葉も励みになれるだけ強くもなった。
折れない心にもなっているのかもね。

だね。
v-391
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。