スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八章 お蜜再び 木平(もくべい)4


前回

木平の過去に多少の反発はあったものの、自身を見ているようで身に詰まされる。
屋上の清々しさとは別に、木平の話は重く暗く辛いものだった。


はじまり、はじまり


「この醜い姿はそのまま、わすの心なんだす」

「・・・」

「わすは、そのことに中々気が付きませんですた。世間を逆恨みして死のうと思い、襤褸布(ぼろきれ)のようになりながら、何ヶ月も掛けて【身魂抜(みたまぬ)きの宮】に行ったんだす。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
mokubeitomokichi.jpg


その時、高名な【茂吉様】がちょうど居らしてたんだす。わすの余りに汚くて醜い姿を見たお役人様が『只事ではない!』と、茂吉様に言われて、特別直々にわすの事を担当してくれたんだす。

茂吉様はこうおしゃいますた。

『木平さん、ここでは普通私たちは皆様と口は聞きません。皆様の生き様を【この世鏡】に映したものを黙って見て、魂を切り取るだけです。

ですがあなたの場合は、例え生まれ変わってもそのお姿になるだけです。あなたには大変な苦痛が繰り返されるだけなんですよ。』


『嘘だぁーーー!!』


わすは驚きますた!生まれ変わりさえすれば、又元の美しい姿に変わると思っていたんだすから、、、

『こんな苦しみから解放されたくて、襤褸布のように なってもここに来たのに、、、』


『あなたには狸兵衛様の術が御掛かりになっていて、この術を解く術(すべ)は無い。解く事が出来るのは木平さん、あなた自身です。』

『だけど狸兵衛様なら解けるんでないですか?』

『木平さん。狸兵衛様はね、あなたを醜い姿にお変えになったのではないのですよ。あなたの心を引き出されただけなのです。』

わすは二度びっくりですよ!理解できませんですた。

『【この世鏡】に映るあなたの生き様は、決して誇れるものではありません。あなたがあなたなりに、誇れる生き方が出来れば自ずとその姿は変わって行きます。

【他者への思いやり】・【感謝する気持ち】・【償う心】...今のあなたには何一つ無いものですね?』

わすは茂吉様に言われてようやく得心すたです。項垂(うなだ)れるしかなかっただす、、、

『どうですか、もう一度新しい木平さんをやり直してみませんか?狸兵衛様はあなたの命を奪う事無く、あなたをそうしたのは木平さんに生き直す機会を与えてくれたのですよ。出来ますか?狸兵衛様の期待に応えられ ますか?全てあなた次第なのです。』

わすは『やってみよう!』と思いますた。生まれて初めてまともに生きようと思いますた。茂吉様にお礼を言って出て行こうとするとおしゃいますた。

『木平さんはどちらにお出でになろうとしているのですか?』

『それは・・・わかりません。どこに行けばいいのかも、、、』

『木平さん、それはいけませんよ。【希望無く】【目的無く】生きる事は辛いだけです。私の考えが良ければなさってみませんか?』教えて欲しいとお願いすますた。

『ここから大変に遠いのですが、【荳傘(まめかさ)村】と云う村があります。そこから東に向かうと三笹川が流れています。

その川の上流に向かってひたすら歩くと連傘(れんがさ)滝に辿(たど)り着きます。そちらには【河童の不思議軟膏】を発明された高名なガス先生がおられます。

徳の高い慈愛に満ち溢(あふ)れた先生でいらっしゃいます。そちらに行く事をお薦めします。』

『行きます!わすは何としても行ってみたいだす!!』

『そうですか、それは良かった。それでは特別に私が連れて行きましょう。直ぐにも行きたいでしょうからね。』

わすは断りますた。それこそいけない事だと思ったんだす」

「なんで?楽じゃないの!」

「楽したらいけないんだすよ。わすは散々、他の者に苦労させて自分は楽してきたんだすから」

「そぅ・・・か・・・」

「茂吉様はわすが断ると逆にお喜びなされますたよ。

『あなたはすでに変わってきましたね、嬉しい事です。狸兵衛様もきっとお喜びになります。あなたと今度、魂納(たまおさ)めの宮でお会いするのを楽しみにして いますよ。』

茂吉様は、旅支度(たびしたく)をして下さり、その上、団栗餞(どんぐりせん)や木の皮銭も過分に頂戴し、わすは身魂抜きの宮を後にしたんだす」

「なるほどね、、、木平さんが頑張って生きて寿命を全うして、魂納めの宮に来ることを期待してくれたのね」

「へい、有り難い事だす。それからのわすはここを目指してひたすら旅をすますた。自分の飯代は日雇いの仕事をして頑張りますた」

「どうして?もらった銭を使えばいいのに」

「自分の事は自分で稼げばいいんだす。姿は醜いが体は丈夫なんだすから。頂いた銭は河童の不思議膏を買うのに使いますた。旅先で困っている者にあげる事ができたからだす。不思議膏すら買えない者もいるんですよ。

わすより、辛い人は幾らでも居るもんだと旅して良くわかったんだす。それなのに大概の者は、捻くれもせずに明るく生きているんだす」

「そうなの...耳が痛い話ばかりだわ、、、」






とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

・・・・くぅぅぅぅ~~~~~~~v-406v-406

心に沁みますただv-406v-406v-406

木平は、茂吉に言われて素直に納得出来たんだね。
その心根は素直で素晴らしいよ、たとえそれまでの行いが悪かったとしても。
そこに、木平の「救い」があったんだね~~。
そして、連傘滝に着くまでも、沢山の徳を積んで来た。
きっと、きっと木平は、元以上に立派で素敵な狸衆に戻れるよ。
そして、その木平の話を素直に聞く事が出来たら、きっとお蓑だって・・・・・

と思うのは、私の欲目? 妄想??i-229
道はまだまだ遠いんだろうけどさe-330e-330

寝る前に、素敵なお話を読めて本当に良かったe-266

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

寝る前にコメ返が珍しく出来ただーーー。

だね。

徳を積む、それは木平には普通の人の何十倍も大変だった。

それも悩んだから、苦しんだからできたのかも知れません。

道は遠くても、歩けば近づく。

少しずつでいいんだ、確かな一歩が尊い。

お蓑もね。

v-410

お蓑には耳の痛い話・・・
でも、耳を塞がず木平の話を聞いているのは変わろうとしている証拠なのかな?

さぁお蓑どうする?
木平は直ぐに悟ったよ
自分の罪にそして運命に・・・

醜い姿になったから思うんじゃない
素直に心から人の事を思ってあげないと・・・

人は一人では生きていけない
みんな助け合って生きているんだと早く気付いて・・・

ポチしときました。

いい話ですね。

木平という狸、心の底から悪い奴ではなかったようですね。

なによりもそれが救いでありました。

でも生けとし生けるものはみな弱いですから、また美しくなったらまた逆戻り……ということもあるのではと思います。

それを考えると、これからも木平のたどる道は長いでしょうねえ……。

レオ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

そうだね。

半分は興味で、半分は聞かなくてはならないと思っているかもね。

お蓑の受け止め方に、まず一つある。

他人事と受け流してしまうか。

それでは木平が恥を覚悟で話している意味がない。

どうだろうね。

v-391

ポール、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ププ、ニャカニャカに鋭いのぉ~~

木平にはもう一つ、ショックな出来事ががあります。

その出来事が今の木平を作ったと云えます。

v-389

ニャンだろ?

ニャハハハv-283

なんだか、木平の話は耳が痛いです。感謝する気持ち、忘れてはいけないと思っていても、ついつい忘れがちになってしまいますよね。たまにには、立ち止まって、自分の事をじっくり考えるのも必要かも。周りに嫌な思いさせてないか、迷惑かけてないかとか。お蓑もきちんと自分と向き合ってほしいって思います。反省するのは、簡単だけど、実行は難しですよね。

むらななさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

本当に、言うは易しだよね。

だけど実行しないと変わらない。

木平には選択肢なんてない、ただこの道が一本。

どーんと目の前にあった。

行くしかないよね。

遅くていい、進めばいいんだ。


自分をふと振り返る、それだけでも違うと思う。

v-410

ありがとうごさいました。

コメントありがとうございました。
金平をのせるのを、すっかり忘れていました。
今、追記したのですが、ぴゆうさんのブログを
記事にリンクさせていただきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは^^

わすも、耳がいたいだす。

同じような境遇のものが話すからこその耳が痛くもあり、心にも染みる言葉なのでしょうね。
この話は、お蓑の心を、どう変化させていくのかしら・・。

木平も、お蓑も、きっと今と違う姿になっていくのでしょうけれど、ずっと先のことかもしれないけれど、とっても楽しみ。^^

Mieさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おおーー、やはり金平だったのねぇ~~

我が家ではお赤飯のパートナーみたいにしています。

近頃はお赤飯自体をあまり作りませんが、

食べたくなりました。

v-398

気を使って戴いて、ごめんちゃい。

ありがとうねぇ~~

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だすなぁ~~

お蓑の耳が心が痛い話。

木平の口から出る言葉は、ゆっくりと剣のように突き刺さる。

もしやして、自分の姿だったかもしれない。

いや間違いなく、そうなっていただろう。

そう思わなければならニャイねぇ~~

まだまだねぇ~~

v-283

こんばんわ~~♪
なんか読んでいくと自分のことも反省しなきゃと思わされます。
【他者への思いやり】・【感謝する気持ち】・【償う心】・・・私 大丈夫かな?
こういうのっていつも確認しなくても自然に自分に備わってる人間にならなきゃですよね。
ぴゆうさんの物語で改めて何が大切かの確認が出来るような・・・ありがとうございます。

お蓑さん、耳が痛いといいながら、今ひとつ
わかってないような・・・。??

木平さんは、お蓑の鏡のような物かな?
早くお蓑にも気づいてほしい・・・。

こんばんは~^^

皆さんに右に同じく耳が痛いです。

木平さんにとっても、この出会いは自分の課題の一つなの
でしょうね。

それにしても、何人もの人が木平やお蓑のために
道を残してくれている・・・・ここが素敵な世界ですね♡

お蓑さんは、がんばって自分を見つけられるのかしら?

少しづつ、姿が戻っていくのかな~。一気に変化するのかな?
それとも、まだまだ壁があるのか、、、お楽しみ~♪(*^^*)

こんばんはー

 死では解決しない。
   
 楽をしない。他者の力を借りないで自分で歩く。
自分を変えるのも、癒すのも最終的には自分自身の力が重要になる……

 なるほどです。
 精神の病を抱えていると、実にそう言った言葉は重く響きます。
 
 木平さんは良い経験を積んでいるのですねv-290 
   

りんだちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

りんだちゃんがそう思うだけで、違うと思う。

傲慢な自己中の人は、絶対に思わない。

素晴らしいではないか。

だから、あなたのブログは素敵なんですよ。

人柄が現れているものね。

v-398

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

だね。

まだ半分、他人事かもね。

だけど、その言葉は時が経つほど重くなる。

忘れられなくなる、真理だからね。

まだかな。

v-391

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ルビィさんが痛かったら、私なんか、とっくに耳がもげています。

けけv-391

とても厳しいけど、反省する者には優しい世界かもしれません。

木平も課題の一つ一つをクリアしていく。

少しずつです。

v-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

由ちゃんの気持ちが、猫国で少しでも癒されたら幸せニャン。


生きていれば苦しい。

辛い事ばかり、だけどたまにはいい事もある。

死んでしまえば、死んだ瞬間から後悔をする。

幾ら後悔をしてもやり直す肉体がない。

つまらないだろ。

親から戴いた身体に感謝して、たまにはありがとうと言って下さい。

よく使う頭脳にもね。

v-410

木平さんの言葉が身にしみますよぉ。
人じゃないけど。。。心って変えられるんですねぇ~。
日雇いまでしたってすごくないです?
ってめちゃくちゃ感情移入してるな(笑)

HannaChopiさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

感情移入してくれるなんて、嬉しいなぁ~~

木平は腹を決めた。

腹が据わると、何でも出来るのかもしれない。

どん底に落ちたのなら、後は上がるだけ。

そんな希望が木平を強くさせたと思います。

v-410

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

木平の話、ジーン時ました。
人世も心ひとつでやり直せるのですよね。
はたと気がついた時
やり直せる!そんな勇気をもらえたようなお話です。

さて、お蓑もやり直せるのでしょうか?

にゃんこさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですねぇ~~

辛さを自分なりに消化した時、はじめて明日が見えるのかもしれません。

辛さに向き合う事をしなければ、それは無理。

苦しい哀しい切ない耐えられない、いろんな感情を受け止める。

そうしないとね。

v-410

木平さん 立派だぁ。
諭されてすぐに心から理解したんだから。
自分は労苦をいとわず
他人には慈悲をかける。
こんな者たちが暮らすところは どこでも天国になるねぇ♪



園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうだねぇ~~

醜くなった事は無駄ではなかったよねぇ。

狸兵衛も喜んでいると思う。

狸兵衛にしてみれば、あのまま放っておけば、陸な死に方はしないとわかっていた。

自国の民がみすみす魂沈めをされるのは、忍びないと思ったのかも。

木平は歩み始めている。

お蓑もそうならなくてはね。

v-410

こんばんは☆

自分の心の醜い部分って、見えないうちは平気でも
木平さんのように見えてしまうと、すごく怖いですね!
がんばって受け入れて生きようとする木平さん、かっこいいです。
耳が痛いと言うお蓑さんも、少しずつ、何かが変わってきている感じがします。

自分より辛い思いをしている者はたくさんいて、でもその人たちは明るく生きている、というくだりにジーンときました。
辛いことって、みんな、そう簡単には見せないで、隠して生きていますよね…。

ゆささん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

木平が見聞きしただけでなく、経験したからこその重さ。

朴訥な言葉の中にある先。

お蓑はしっかり受け止めなくてはなりません。

本当ですね。

吐き出すのも大事、我慢も大事。

v-410

正しく生きるって簡単なようで難しいですよね。
いろんなことに気づいて幸せになってほしいものです~。おみのさんも、木平さんも。

いずきちさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

だよねぇ~~

難しいけど、やれないことはない。

今に木平がきっと証明してくれることでしょう。

お蓑は?

まずは真摯に聞く事。

それからだに。

v-410

おはよ

お蓑ちゃん、やっと気付いたみたいだね。
続編はそのうちみたいだから、次は会報へいくね。

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

人のふり見て我がふり直せ。

そうなればいいけどね。

v-391

いい話だね~
木平は心底悪い奴ではなかったんですね^^
茂吉の言葉を素直に受け止めて
ドンドン変わっていく・・
お蓑も頑張れ~!!

よしさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お蓑も少しだけ聞く耳ができてきたようですね。
ぷぷ

木平は頑張っている。
後はお蓑の番、頑張らないといけないけど、どうかな。
v-403

 こんにちは。
此処のところの 成長 凄いな。
以前の自分を 高慢ちきって 理解している。
嬉しいな 読み進めるごとに 彼女 しっかり 歩いている。
彼女が 五黄の謎かけを とくのが待ち遠しいな。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうだよね。
今まで如何程恵まれていたかをこんな些細な出来事で実感をする。
見過ごしていたことが見過ごせなくなる。
それが大事なのよね。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。