スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八章 お蜜再び ガスと云う河童3

前回

お蓑は三笹川に来てから、メメに、そしてガスに、思わぬ親切をされた。
それは、ささくれる心を和らげるには、十分過ぎるものだった。
御馳走になり、久しぶりに満腹になる。満たされた顔をしているお蓑をガスは優しい穏やかな目で見ていた。


はじまり、はじまり


元々メメから旅慣れてない猫が三険山に向かった事を聞いていたので、川に嵌(は)まったらいけないと思って用心し見守っていたそうだ。
最初は放っておいたが段々と痩せて来たようなので、心配になって姿を現したそうだ。

みんなに嫌われる不細工な自分を心配してくれた事が嬉しかった。溜まりにたまっていた思いをガスに包み隠さず話した。
ガスは『ふあふあ』と変な相槌(あいづち)をうちながら、要領の得ない話を辛抱強く聞いてくれた。

話すだけ話すと疲れて放心してしまった、ガスは何も言わずにニコニコしている。

「何も言ってくれないの?あたし、どうしたらいいのかしら?」

「ふあふあ、九尾のお蜜ともあろう者が五黄様からの謎掛けがわからんのかの」

「えッ?どういうことよ」

「ここでわしに会ったのも何かの縁じゃろなぁ~。良ければわしと暫(しばら)く暮らすがいい」

「えっ!なんで?」

「ふおふお、何でじゃろなぁ~。何も知らないお蓑に色々と教えたいからかのぉう」

訳が解らなかったが、確かに何も知らないのは本当だ。これから旅をするのにも不安だらけだった、、、

メメに貰った大事な魚も既に食べ尽くし、グズグズしてここに留まっていたのも、他で食料を調達する自信が全く持てなかったからだ。

今だって何も解らない。わからなければ遠慮しながら尋ねなければならない。他人に聞くのは一時の恥だとわかっていても、自分より下の者に頭を下げて聞くのはやはり嫌だった。

それに旅先でこれ以上自分の醜い姿を晒(さら)すのも我慢できなかった。嫌な事しか思い浮かばないお蓑の明日には夢も希望もなかった、、、

ガスが教えてくれるというのなら、願ったり叶ったりの話だった。
少しでも教わって、生活の知恵を身につけようと思った。

「どうするかな?」

「お願いします!あたし、何でもやりますから教えて下さい!」

「ふふおふ、そうか?わしは【お蜜】には教えとうないが、お蓑には教えたいんじゃのお」

不思議な事を言いながら、ガスはお蓑に食事の後片ずけをさせた。お蓑に芒(すすき)を何本か取らせるとそれをきれいに纏(まと)める。鍋を洗う即席の束子(たわし)である。

これで鍋を洗う事を教えられ、素直に従って鍋を洗うと鍋底もきれいに洗えた。お蓑の鍋は手でさっと洗っていただけだから、まわりがぬるついている。自分の鍋も一緒に束子で洗うとキュッキュッと音がするようになった。気分がいい。

次にガスは焚き火に水を撒いて、完全に消火したのを確認してからその場を離れた。

「火は大事なものだが、怖いものでもあるからのお。ここで泊まらないのじゃから、きちんと消しとかなくてはのぉ」

お蓑に自分の風呂敷包みを持たせると歩き出す。ガスは河童なので川を泳いで行くのが得手なのだが、お蓑に合わせて歩いている。歩くのが苦手だから、のそのそと杖をついて歩いている。

そんな事にもお蓑は気が付かない。ガスが年寄りなので歩くのが辛いのかと思い、手を組んで速度を合わせて歩き出す。ガスはお蓑がする 精一杯の親切を黙って受けた。いつの間にか伊佐が徳にしたように相手に合わす事が出来ている。

それからずっとガスと歩く時は、お蓑は必ず腕を組んでそろそろ歩くようになった。

「楽じゃのお~、お蓑は親切じゃのお~」

「そんな事ないわよ、おだてたって何も出ないわよ」

二人は暫く歩いた。何度か休憩してようやくガスの住まいがある『連傘の滝』に辿り着いた。素晴らしい瀑布だ。滝は何段にも渡って豊富に水を流している。

何本もの傘を連ねた様に滝が流れている処から付いた名前だろう。岩にぶつかった水は勢いよく周囲に飛び散っている。
ガスは川に入ると滝壺の方に案内する。

お蓑は水の冷たさが火照った足に気持ちよく、ずっとそうしていたい程だった。ガスと一緒に滝壺に行く。歩をゆるめる事なく滝に入って行こうとする。

「ちょっと~、水浸しになっちまうよ」

「少し濡れるだけじゃよ」

仕方なく一緒に付いて行くと引き摺られるようにして強い勢いの滝の真ん中に入った。水圧でおかしくなると思ったのも一瞬、目の前には広い洞窟が見えた。

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
hikarigoke.jpg

「あら?奇麗だわ!」

「気に入ったかのお?」

光苔(ひかりごけ)がびっしり生えていて、洞窟一面が妖しく光っているのだった。高さは十メートル近くある。高い天井にも隙間無く光苔が覆い尽くしている。妖しい輝きに目を奪われた。

「キレイだわぁ~」






とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはよう^^

 ガスのようなおじいちゃんがいるメメが羨ましいよ~

こんにちは^^
とうとう師匠に出会ったのね。そんな気持ちで読みました。^^
強制するのでなく、作業の流れや、危険なことを教えたりしながら、
必要な作業をさせていくガス。^^
こんな師匠、マダムも出会いたかったなあ。^^

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

だね。

ガスはメメが可愛いくて、仕方ないようです。

メメもガス爺ちゃんを尊敬しています。

v-410

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

お蓑にはそうかもしれませんねぇ。

ガスは達観している河童でござる。

このことは、五黄の差し金だと思って、はふはふと妙な笑いをしているでしょう。

v-410

寒くなってきたので、ガスをみてると寒くないのかなぁと思ってしまいます。お蓑は、毛皮きてるからいいけど。これから、どんな事を教えてもらうのか、楽しみです。洞窟いいですね。1度、富士さんの洞窟に行ったことがあるんですが、あまりの寒さにびっくりしました。神秘的で、美しかったです。

こんばんは~♪

キーパーソンは河童のお爺ちゃんだったんですか。
素敵な展開ですね♪
お蓑も、この人の前では素直になれるのかな?
そんな人ってめったに出会わないですからね。
羨ましいな~♪

人物もですが、情景を描くのがまた素敵ですね。
今度は光る苔が密生している洞窟??^m^
暗くて神秘的で、ガスに似合ってますね。

むらななさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ガスはね、股引を履いています。

上着はめったに着ません。

身体を鍛える為に、寒風摩擦をしています。

どんなものかと云いますと、毎日、手ぬぐいで上半身を擦るのです。

そのお陰で、ガス爺ちゃんは元気一杯です。


ここの光苔はきれいなんですよ。

ご案内したいくらいです。

v-410

こんばんはー☆

河童のおじいちゃん、やさしいvvv
というか、道を知っている人なのでしょうか。(五黄様のこともご存知みたいですし)
自分のことを心配してくれる人がいるって、嬉しいことですよね。

お蓑さんが「生活の知恵を身につけようと思った」こと、すごく進歩が感じられました。
おじいさんに手を貸す姿も素敵です☆

あ、おなべを洗って、キュッキュッと音がするの、わたしも好きです(^ ^)。

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね、ガスもその一人になります。

お蓑は何もわかっていません。

わからないからの勉強になります。

少しずつがやがて大きくなると思います。

まだまだ知らない事ばかり。

これから、これから。

v-410


洞窟の光苔は、夫婦でコツコツと移植していった想い出深い場所です。

仲良し夫婦でした。

ゆささん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ガスは、これから、どんな存在になるのでしょうか。

お蓑には、まだわからないでしょう。

でも、ここは五黄の国。

五黄が今まで為して来た事が、生きている場所。

心配は何もいりません。


お鍋を洗う事すら知らないお蓑。

赤子と同じ女王なり。

ププ

v-410

お蓑さん、すばらしい河童に出会えましたね。
ガスのせりふひとつひとつから、あたたかい人柄(河童柄?)が感じられます。
 【お蜜】には教えとうないが、お蓑には教えたい
というせりふが、特に、じーんときました。

一面、光苔が輝く洞窟。
きれいでしょうね。
これから何が起きるか、ワクワクです!

ポチしときました。

ガスさん、「賢者」ということばがぴったりきますね~。

それとも「仙人」?

お蓑を鍛えなおしてほしいであります。

パセリサラダさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

私はたまに、この物語を読んで下さる皆様の、貴重な時間を割くに、

値するだけのものを書いているのだろうかと、

考える事があります。

そんな時、こんな風に書いて戴くと、申し訳ないやら、嬉しいやら。

頑張っていこうと勇気がわいてきます。

ありがとうございます。

v-410

ポール、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

まっv-405

ポールにしては厳しいことを、珍しいの。

鍛えられるは受け身。

それでは間に合わない、自らがその気にならないとね。

光り輝く魂にはなれない。

v-391

こんばんは^^

ごめん~~~!! 今日は長女が下宿先の実家に戻る日だったから、朝からプチ引越しみたいでバタバタしてたんだ~~!! 遅くなっちゃったよゴメン~~v-406

私読んでて思ったんだけど、ガスには本来のお蓑の姿・お蜜が見えているように思えて仕方ないのよね~。これは、前回のお話から感じてた。

良い展開になって来たね~v-411 どんどん話の幅が広がって来てる。
読者側も、どんどんお蓑に同化して行けるし、お蓑の目線で物事を考えて行ってると思う。
先が本当に楽しみだ~v-411

蘭、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

あれあれ、お疲れなのにありがとう。

ふふ、かもね。

動じるような爺でもないし、

それよりも、五黄から任されているように思ったかも。


ありがとう、嬉しいなぁ。

折れそうな時もあるけど、頑張る。

v-410

こんばんはー

 ふあふあ! 虫歯を治療したらわたしも暫くそんな言葉を発しそうでした。

 含蓄のある人からもっといろいろ教えてもらった方がいいかも思う時はありますね。
 ウチの祖父も結構いろいろな事を知っていたみたいですから……惜しい。v-292


 ひとまず、ごろ師匠からはある意味何かを学んだと思います。
 ありがとうございました。

こんばんは

腕を組んで歩くようになるところが、とっても温かいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

私も、もっともっと聞いて、メモっとけば良かったと、今更後悔しています。

せめて、記憶の中にある話だけでも、この物語に残したいです。

ガスは温かい。

温かい人の側に居れば、それだけで温かくなるもの。

v-410

いずきちさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

少しは変わったのかも、

不思議なもの、ありがとうと言われるだけで、嬉しくなったり。

お蓑も嬉しかったと思います。

v-410

こんばんは☆

ガスさんお蓑の先生になってくれたのね。
これで安心したよ。
これからどんどんお蓑は生まれ変われるね。
そしてお蜜に戻れる日が来て周りの信頼も取り戻す日がきっと
やってくると信じますよ。

さりげなく大事なことを教えてくれるのっていいなぁ。
あれしろ、これしろじゃあ身につかないことありますよね。
強制じゃないところが好き。
洞窟の先が早くみてみたいなぁ。
ヒカリゴケは家に飾ってみたいと思った(笑)

ryuさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

仕事も相変わらずハードのようだね。

お疲れだろうけど、ボチボチがんばってね。


ガスという河童。

王族でもなんでもない、それでも何かが違う。

知恵と努力で身に付けた揺るぎないもの。

お蓑にもそうなってほしいもの。

v-410

HannaChopiさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですねぇ、ガスは上手なんですねぇ。

それは河童柄から、来るものかもしれません。

万民を愛している。

そんな河童です。


光苔っていいですよねぇ。

妖しく光り続ける、ロマンでござる。

v-410

こんにちわ~!
お蓑の口から、何でもやるから、教えて・・なんて言葉が
でるなんて・・。
相当な進歩だ~!
苦労をするってことは、成長させるんだね~!
どんなふうにお蓑が変わっていくか、楽しみ!!

お蓑さん良かったねぇ。
辛抱強く話を聞いてくれる相手は
なかなか見つかるもんじゃないよ~

私は ただ年をとっているだけだったら
いくら年配でも あまり偉いとは思わないけど
ガスはきっと 素晴らしい存在だと思う。
ぜひ お会いしたいですねぇ。。。

それから
刺し絵のヒカリゴケもきれいだけど
文様の入った扉がまた美しいこと!
ぴゆうさんの描くインテリアは美術品(*^。^*)

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

必要に迫られると云うのは、いいことだね。

どうせ下げる頭なら、この優しそうな爺ちゃんにと思ったのかも。

ガスは何もかも承知できるほど、懐の大きな河童。

任せてみましょう。

v-410

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ガスは五黄の考えがわかるだけに、何やら嬉しいのかも。

一国の女王の行く末を託されたようなもの。

張り切っていると思います。

知らぬはお蓑ばかりなり。


あらまv-405

嬉しいなぁ~~照れまくりです。

園長さんに褒められるように頑張ります。

ニャハハハハv-283

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わわわ!すごく気になるところで終わっていますね~。
うわーワクワクします!

ガスさんは良い人ですね。
笑い声も素敵です。ふあふあ。
お蓑さんはガスさんといると、どんどん優しくなれそう。
幻想的な光苔の中での続きが楽しみです(^^

のりさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ガスはあれで、中々、可愛い爺ちゃん河童です。

お蓑にとっても、ガスにとっても、良い出会いになれたらと思います。

光苔はきれいですよう。

本当は暗い場面にしたかったのですが、

それだとお蓑が居るのがわからなくなるので、やめました。

ニャハハハハv-283

> 「そんな事ないわよ、おだてたって何も出ないわよ」
ツンデレの一面が!
なんかいい感じです。

お蓑さんはどんどん素直になってきてますね。
喜ばしいことです。
いろんなことを吸収していって、もっと成長してほしいものです。

次も楽しみです!

マキちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

今、マキちゃんのとこに行って、コメしたら二回ともスパム・・・・

なんでやねん!

ごめんねぇ~~


お蓑がツンデレ・・・キャーーー。

モッくリ返って喜ぶよ。

内緒、内緒。

知られると、調子こくからね。

用心しないとね。

大人しくしているのが、無駄になっちまう。

しーーー。

v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今晩は。
ガスおじいちゃんいい人ですね。
それもメメちゃんのおじいちゃんとは
これもメメという河童に会えたからでしょうね。
これからどう変わって行くかたのしみです。

ブログ新しくして一つにしましたので
旧ブログはリンク外してもらってもかまいません。
これからもよろしくです。

メッチャ遅れた~~~i-240

自分の無力さと寂しさから河童のガスにすがるお蓑
お蓑が九尾の姿に戻っても、この気持ちを忘れないで欲しいな
五黄の試練は優しさの試練だと思う
だから、お蓑には人(狐?猫?)として成長し頑張って欲しい・・・

ガス爺、キツイ修行頼むよi-278

にゃんこさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

ブログ名は変更しときました。

「毎日が猫カフェ気分」

確かにそうだよねぇ~~

v-28311匹のニャンズだものねぇ~~

とてもいい名前だと思います。

これからも楽しみに訪問させて戴きます。


メメとの出会いも、大事でした。

お蓑もいつか、振り返った時にいろいろと考えると思います。

v-410

レオ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

あれまv-411

レオまで、珍しい。

ポールも珍しく厳しい事を言ってたけど、面白いなぁ。

お蓑が自身を改める、それには今までの生き方を省みることが、先ず必要になります。

それにはもう少し、時間が必要でしょう。

v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メメとガスのやりとりがふんわかしていて落ち着きますね。
暖かいというか心がこもっているというか。
そういう安らぎを与える関係が伝わってきてすごくいいですね。
どうも、LandMでした。

LandM(才条 蓮)さん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

お休みなので、思いっきり寝坊していました。

へへ。

多分、馬が合ったのかも知れません。

不思議とそんな事がありますよね、二人はそうなのかも知れません。

お互い、考えてみれば、けっこうなお歳なんですねぇ。

ププ。

通じ合うものがあっても不思議じゃないかも。

v-410

ふおふおw楽しみ。
ガスとの生活がどうなっていくのかな^^
いっぱい教えてもらって吸収していくのかな^^
ふおふおw

よしさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

カワイイ爺河童でしょ。
お蓑はここで生き方を教えてもらわないとね。
v-410

 こんにちは。
ついに よろしくお願いします と言って 頭を下げた。
うんうん 成長してる してる  彼女の成長 素直に嬉しいな。
五黄の謎かけか なんやかんや 言いつつ 皆 彼女に期待しているのだな
彼女は ホントに恵まれてるよ うらやましい限りだ。

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですね。
僅かではあるけど、頭を下げるお蓑になっている。

少しずつね。
いろいろな出会いがお蓑を変えるのかもね。
またそうでなくてはならない。
v-410
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。