スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八章 お蜜再び お蓑と呼ばれて1

前回

お蜜は且つて狐国の妹女王だった。本来は、姉のお風を手伝い、二人して狐国を守立てて生きていく事を定められていた。

しかし、勝手気侭(きまま)な性格はそのことを善しとせず、自分の我が儘(わがまま)を押し通し、乳母であるお熊と共に猫国入りした。五黄はお風との話し合い通りにお蜜を猫にする。

それから九百年もの間、その性格は変わる事なく、ますます酷くなっていた。貞吉達子分の窮状、乳母のお熊の必死の諫言(かんげん)を重く見た五黄に、お蜜は到頭、姿を変えられ放逐されてしまったのだった。(第五章、九尾のお蜜参照)


はじまり、はじまり


お蜜は五黄に村境まで飛ばされた。
暫く意識を失っていたが、モソモソと起き出した。

「まったくぅー!あたしの事をなんだと思っているのよッ、失礼しちゃうわッ!!」

挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kousuke1.jpg



♪ヒョイとひょいとヒョイとな~♪
銭さえあれば何でも買える~♪
何でも屋の甲介が~♪揃えられない物はない~♪
ヒョイとひょいとヒョイとな~♪


浮かれた声を上げながら、何でも屋の甲介が歌いながら歩いてる。

「あら甲介だわよ」

お蜜は霞(かす)む目を擦りこすりしながら、甲介の元に駈けって行く。

「ちょっとぉ~、甲介!甲介ってばぁー!」

甲介は聞き辛い濁声(だみごえ)に振り返った。

「ん?誰かな、俺を呼んでいるのは?」

「あたしよ、甲介!」

ひどく醜い猫に気が付くと、あからさまに嫌な顔をする。(ウェー)

「誰だいッ?」

「あたしよ!わからないの?」

「悪いが全くわからないね」

「何、言ってるのよッ!散々買ってやったじゃない!客の顔も忘れたのかいッ?」

「失礼だが、俺は一度でもお客になったお方の顔を、忘れることなど有りはしないんだ!何をふざけた事を言いやがるッ」

「このお蜜を・・・九尾のお蜜を忘れたのかいッ!?」

「お蜜様だとッ!?とんでもない事を言いやがる!たまげたメス猫だねッ!」

「まぁーッ!ちょいと、メス猫ってどう言う事よッ!?」

「悪い事は言わねえが、お前さん鏡を見た事ないのかい?それともお頭(つむり)がいけないのかい?」

「何を言うのよッ!あたしの日課は鏡を見て始まるのよッ!そう言えば埃(ほこり)も払ってなかったわ」

自分の横腹にあるポケットを探ると、美しい手鏡を取り出した。鏡を覗く。くもっているようで、じっーと見た。(ジィー)段々と焦点が合ってくると、、、叫んだ。


「きゃーッ!誰よ!誰なのよッ?この醜い猫はぁーーッ!?」


「自分で自分を醜いって言うメス猫も中々いないよ、変な猫だ。構ってる暇は俺には無いから、行かせてもらうぜ」

「ちょっとーッ!ちょっと待ってよッ!今はこんな姿をしているけど、正真正銘にお蜜なのよッ!!」

「懲りない猫だねー。そんなこと此の先の荳傘村(まめかさむら)で言ったら、お前みたいなメス猫でも子分さん方に袋叩きにされるよ。いい加減に世迷い言を言うんじゃないよ!」

言い張るお蜜を甲介は持て余した。

「そういや、あんたは大分目が悪そうだね?眼鏡でも掛けたらどうだよ。はっきりと見えるようになれば、自分の惚(とぼ)けた頭もすっきりしてくるかもよ」

目が見ずらいのは、鏡を見て気が付いていたので、仕方なく頷(うなづ)いた。

「そうか?そうだよ!眼鏡を売ってやるからよ、銭を寄越しな」

「幾らなの?」

「フン、そうさね~お前みたいに見窄(みずぼ)らしい柄の猫に、売るにはもったいないような人国製だが、、、
大して銭もないだろうから負けてやって、五団栗だな」

「えっ!そんなにするの?だって貞が買った時は二団栗だったわよ!」

「貞の兄貴まで懲りずに呼び捨てにしやがってッ!身の程知らずもいい加減にしな!!気に入らなきゃ買わなくて結構なんだよッ」

「わかったわよぉ、、、わかったから頂戴」

「はなからそうすりゃいいんだよ」

団栗餞を毟(むし)り取ると、甲介は背中に背負っている篭から桐箱を出した。

「ほらよ、一番高級な代物だ。この眼鏡を掛けりゃ、その惚けた目がきっとすっきりするぜ」

甲介は桐箱を押し付けると、逃げるように去って行った。

「なんだいッ、あの野郎は!あたしはお蜜だって言ってるのにッ!そりゃ姿はかなり違っているけど・・・・・」

桐箱を開けると女物の眼鏡が入っている。試しに掛けてみると途端に視野が広がった。

何もかも鮮明に見え出す。見えると自分の毛が泥色している事が良く分かった。


ギャッ、畜生めッ!五黄の奴といい、甲介といい!どいつもこいつもふざけやがってーッ!まっ、いいさ。こうして尾っぽを一振りすりゃ、いつもの奇麗なあたしに戻るんだ」


(フ、フフン)

縮こまっている尾っぽを振ろうとする。いくら振っても、いつものように体に尾が振れる感触が無い。何回も振る内に、いい加減に気が付く。

「何?どういうことなの?少しも柄が変わらない。そう言えば尾の感触が・・・」

恐る恐る尾に触れながら、背中を見てみる。


「ぎゃーーーッ!あたしの尾っぽがないッ!ないッ!!なんか汚く縮れてるのが付いてるぅぅーーッ」


激しく泣いた。自分の美しさがなくなったのだ。泣いて泣いて泣き疲れるまで泣いた。


「あたしはどうすればいいの??どうやって生きていけばいいのよぉぉーーーっ!」






とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お熊さんのためにも

早く自分の浅はかさに気付いていただきたい…
お蜜さん、根は優しい猫(狐)さんだろうから (^^)

バケさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうなんだよねぇ、だけどお蜜は変に頑固です。

なかなかなんです。

これからなんです、お蜜の旅は始まったばかり。

v-391

こんにちは。

お蜜のお話始まりましたね。
待ってました。
これからどんな道が彼女の前に広がって来るのか
とても楽しみにしてます。

いつもいつもありがとう。
ポチオッケ~ィ!

こんにちは^^

お密・・・これから、試練ですね。
お風の手伝いができるほどの、人格・・いやいや、猫格・・いやいや・・狐格・・になるには、かなりの道のりがありそうですね。f(^^;)

♪ヒョイとひょいとヒョイとな~♪
これね、目にした日は、勝手に歌になって、耳に残るんです。( ´艸`) ノ

こんにちは^^

うふふふふふふv-290
始まったね、いよいよ。
待ってました、お蜜の章。

しかも甲助まで初っ端出て来てるv-391

お蜜の受難の旅はこれからなんだね。
本当に楽しみにしてるv-411 ワクワクだよ~~v-314

ryuさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

はじまりました。


自分を見つめる。

先ずそれからだと思います。

v-391

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ですねぇ、試練のはじまり、はじまりと云うとこです。

狐国の将来は、お蜜にかかっているのです。

頭の片隅にもないでしょうけどね。


嬉しいなぁ~~

甲介は、歌だけはうまいんです。

v-389

蘭、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

やっとこさです。

何も無くなったお蜜が、どんな風に生きていくのか。

楽しみにして下さいな。

歩き出す道は、自分を知る道。

茨道。

v-391

こんにちわ~~♪
挿絵もなんともいい味だしてますね~~♪
狐の立派な尻尾がなくなっちゃったんですね。
それはきっとびっくりですよね。

こんにちは~^^

お言葉に甘えまして、まだお話しの内容がよくわかりませんが
コメントしております(これから、少しづつ遡って読ませて頂きますね、楽しみ♪)

リンクを貼らせて頂きました。今後ともよろしくお願いいたします。^^/

りんださん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ですよねぇ、特にお蜜の自慢の尾っぽでしたからね。

けけ。

縮こまって、ぐりぐりに絡まっているんですよ。

五黄の意図を理解するのは・・・大変だと思います。

v-391

ルビィさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

あれ、嬉しい事、私もさっそくリンク致します。

末永くよろしくお願いします。

長い物語です、のんびりと読んで戴けたら、幸せです。

v-398

べっぴんさんのお蜜が~べっぴんさんおお蜜が~
すらっと伸びた九尾の尻尾が~~~おづんぼに~(方言です)
それに泥色の毛並みって完全にドラ猫状態・・・

これからのお蜜の試練に興味津々ですv-283

レオ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ブッフフ、スゴい不細工になってるのよ。

誰もわかんないと思う。

お蓑になった自分。

素の自分。

何もない、何もないからこそ、これからは得るだけなんだよね。

v-391

失くしてみないと 判らないものもあるんだね。
お蜜さん がんばれ~
いつか 前よりももっとキレイになる日が来るような気がする♪

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411


お蜜はまず、現実を受け入れる事からはじまります。

それが一番苦しいことだと思います。

太っても醜くても、王族。

意地があるなら、見せてみろです。

v-389

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとうの人徳、いや狐徳を得るための試練なんですね。

王たるもの美しいだけじゃだめ。
人の不幸や苦労がわからなくては。。

仮面の男って映画思い出しました。

こんばんは。

お蜜はどうなっていくのでしょう。
美しい姿を突然なくしたら…
泣いてしまいますよね…。

torotoroさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

何も知ろうとせず、大事な事は知らんぷり。

勝手気ままに生きてきたお蜜に、王族の資格などありません。

目覚めてくれるといいけど・・・

どうだろ。

v-403

いずきちさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

泣こうが叫ぼうが無駄な事。

現実を知るのもこれから。

知らなくてはならない。

まずは、知ることなんです。

v-391

おはこんばんわー 

 私もお蜜さんのこと客観視出来ないくらいどうしたらいいのよぅな危機的状況です~
 そこまで悪い事したんでしょうか? したかもしれませんね……(一部知りえないところで)

 アリをふんづけた事もあったし……
 ゴキブリペッシャンコにしちゃった事もあったし……
 クモをプチっとつぶしちゃったこともあったし……

 
 虫さんゴメンナサイ。ポチ。

そうだよねぇ~

我儘を押し通しちゃいけないよね!

でも九百年もの間、性格は変わらず、ますます醜く・・・
怖いねぇ v-405

私も気を付けよっと!v-394

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

悪い事ではなく、気がつかなくてはいけないのです。

並の狐なら、構いやしない。

だけどお蜜は違います。

本人がわかるしかないのです。

v-391

rovinpopoさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お蜜が相当なものだって、わかるでしょ。

九百年も降り積もった垢を落とすのは、並ではないよね。

自分で落としていくしかないの。

v-389

これから、が気になりますね~。

自分のことは自分が一番よく知っているなんて言いますけど、実際はそうでもないですよね。
気付いたら、いつの間にかすっかり変わってしまっている、てなことは結構あります。
僕もときどき自分自身を顧みて、気を付けないと。

よくありそうな寓話です。
この場合、極端に醜くなるか、美貌を手に入れて持てあましてしまうか。

お蜜は前者の負い目を見ます。でもそれがまだ良いことに気がつかない。
実際は持てあますことほど悲しい物はないんですけれど。
ないものはないものねだりで、羨むばかりですが、
引き剥がそうとしても引き剥がせない、
美貌のためにとんでもない目に合うこともあります。

だけどお蜜! まだまだ懲りてません。
この先にまだ幾つの苦難がある事やら。
前世の業まで背負っているんでしょうね。

マキナさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

自分をわかっている人なんて、本当にいないと思う。

人の評価ばかりを気にしても詮無い話だし。

かといって、自分勝手もどうかと思う。

ただ、こうありたいと願い、努力することを忘れなければいいと思う。

そうすれば、今日よりは明日と、少しは違うだろうから。

v-410

ちあ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

苦労も、人による。

何でもないような事が、その人にはとんでもない事のように感じたりする。

お蜜が美醜にだけ囚われているようでは、先が見えている。

どんなことになるか?

これから、これからなんだ。

v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お蜜さん。容姿がすべてじゃないのよ。
って言っても、いまのお蜜には わかんないんだろうなぁ。

どんな風に変わっていくのか楽しみです。

ライ母さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

今のお蜜には何を言っても無駄でしょうね。

聞く耳、見る目さえ、持ち合わせてはいない。

自分で気がつくしかないと思います。

お蜜は歩き始めたばかり。

v-391

あれれれ・・・この先どんな展開になるのでしょうか。
楽しみです☆☆

ひいちさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

たった一つの自慢が無くなってしまった。

それでも意地だけは残っています。

これから、始まったばかり。

v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

待ってましたよ、お蜜さん。
でも、自業自得とはいえ、なんだか
可哀想な気がする・・・。
ポチッと!

きらたるさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

きらたるさんは本当に優しい。

だけど、皆の優しさに胡座をかいていたのがお蜜。

それではいけない。

今回が最初で最後のチャンス。

愚か者で終わるのか、大事な正念場なのです。

v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お蜜さん、たいへんなことに(´xωx`)
さぞかしショックでしょうね。
でも、本当にたいへんなのは、たぶんこれから……。

お蜜さんなら、なぜこんなことになったか、いつか気付くと信じてます。
頑張って乗り越えて!と応援しつつ、続きを楽しみにしてます(*⌒ー⌒*)

あ、続きまだでしたね。
じゃ、また。。

いいえ、せかしているわけではないですよー。
ゆっくりやってくださいな。

ぽちして帰ります。

パセリサラダさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

気づいても認めないね。

先ず認めるまでもいってないよね。

ただもう、腹が立っている。

先は長いと思われます。

呆れるだろうけど、お蜜にお付き合い下さい。

v-410

torotoroさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

今週は金曜アップをお休みしました。

夏バテが今頃来たようで、ヘロヘロ気味でして、ごめんちゃい。

日曜にアップしますので、懲りずに遊びに来て下さい。

へへ。

v-398

いつもありがとうです。

ごめーん(泣)

さっき自分のブログの確認してて
コメ返しが入っていなかったのに気が付いた。

えーん、ごめんよぉっ
発見した時はたまげて
み魂抜きの宮に行かなくても魂抜けたわ~

こんなおっちょこちょいで 誠にすまんっm(_ _)m

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

キャハハハ、

私も「のりさん」のコメ返しを忘れていて、大焦りしたことがありました。

気にしないで下さいな。

ムフフ。

誰でもある事なんだもの。

ねっv-398

おはよ

お蜜さん、変化した自分を認めるのってしんどいだろうね~。

かぶちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

到頭、八章に来たね。

ププ。

現実を受け止める、これは難しい。

普通でさえ、中々できなかったりする。

まして、お蜜は尚更だと思います。

大変だに。

v-391

こんにちは

お蜜かわいそうに・・
相当醜い姿になったんだろ~な
自業自得なんだろうけど
受け入れるのに時間がかかりそうですね^^;

よしさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

八章まで来ましたねぇ~~
いらっしゃいーー

この章はお蜜の成長がテーマになります。
ゆるりと読んでいってね。
v-410

そりゃ気も動転どころか、狂わんばかりに嘆きますよ。
さやいちだって、いきなり猫にされたら泣きますもん。
お蜜様、かわいそうだけど、
心入れ替えて元に戻れるといいですね。

さやいちちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

ぷぷ
いい薬になるといいです。
五黄にキツイお灸をすえられました。
お蓑はこれからです。
v-392
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。