スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七章 オロとキュー助 オロの物語4

前回

桃吉から、その後の実家は大会社になり大金持ちになったと聞かされた。
オロは長年の肩の荷が下りた気がした。そして、自分が河童になる為にされた哀しい過去を話しだす。



はじまり、はじまり



「まぁ、聞きなよ。俺もさ、今のきゅー助や桃吉みたいに怒った。怒った勢いで顔を上げたら、黒ずんでて珍ちくりんの河童がピッカピッカの金の椅子に座ってんのさー!想像していた川太郎と余りにも違うから逆に驚いよ!」

「ちんちくりんなの??」

「なんか川太郎なんて云うから、よっぽど大きくて立派な河童かと思っていたよー!」

「俺だってそうよ。黒ずんで小さい癖に目だけは変な光を帯びてるし、その目はとても油断の成らない嫌な目だったよ、、、それで俺は『出来ないのなら、初めから出来ないって言って欲しかった!

大体、こんな大変な思いをしてまでここには来なかった』ってね」

「当たり前だよーッ」

「そーだよ!」

「そしたら、川太郎が『キロに話を聞いた時、お前はもしかしたら【残り河童】かもしれないと思った』ってね」

「何よ?残り河童って」

「なんでも、この世界から、人間界が弾(はじ)き飛ばされた事に気付かないで、そのまま暮らしていた、この世界の生き残りなんだってよ」

「それがオロなの?」

「川太郎はそういう馬鹿を救う為にキロを人国に置いてあるって、、、」

「そうなの?」

「そういう名目でキロを人国に居させているんだと、その時は信じたけど・・・。
今考えると違うと思うね。

とにかく、俺が残り河童なら、元々は河童なんだから戻せる。だけど唯の人間が、吸い出し岩に取り付けば死ぬって言うのさ」

「何よ、その吸い出し岩って?」

「きゅー助聞いた事ある。河童の宝に悪い物を全て吸い出す力を持っている岩があるって」

「それだよ。川太郎に云わせると『人間は悪いものの一つだから吸い出せる』ってのよ。
だけど俺が人間なら何もかも吸われ、乾涸(ひから)びて死ぬって」

「怖いよぉーーーッ」

「俺も少しは迷ったけど、ここまで来てやらないで帰るなんて男が廃(すた)ると思ったのよ」

「偉いッ!オロは男だねーッ」

「へへ、それで矢でも鉄砲でも持って来やがれー!って息巻いたのよ」

「オロって面白いね~」

「違いない(キュッ)」

「川太郎はニヤニヤして、『久しぶりに面白い見物じゃ』って言うのよ」

「オロの命が掛かっていることなのにッ!?」

「きゅー助、頭に来る!!」

「そうだろ?目を細めて『くっく』って笑うのよッ、ぞーっとしたよ。
それから俺はその部屋から地下室に連れていかれたのよ」

「地下室?なんかやばそーッ」

「周囲が濡れてびしょびしょしていて暗い部屋だったよ。案内されて戸を開けるとキロに勢いよく背中を押されたんだ


ドン!


突んのめるようにして部屋の真ん中に入ったら、目の前に大きなヌルッとした岩があった。
よく見るとその岩がブニャブニャしながら動いているんだよーッ!

恐ろしくなって振り返るとすでに戸は閉まってて開かない。

小窓からキロと川太郎が覗いて、川太郎が『早くその岩に抱きつけ!』って言うんだ。俺が『イヤだッ!』っていうと今度はキロが『早く見せてくれ~』って、、、」

「ニャッ、何て言う奴らだ!!」

「信じらんない!キロって友達じゃなかったの!?」

「そんな代物じゃない!あいつは俺の尻小玉が欲しかっただけの野郎よ。
どっちにも転ぶ最低の奴さ!」


「きゅー助、許せないもん!!」


「俺だってッ!」



挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
kyofunoiwa.jpg

「まっ、そう興奮するなよッ、過ぎた昔の話さ。話を続けるぜ。
それで俺は怖くて気が付かなかったんだけど、いつの間にか吸い出し岩に足を掴まれていたんだ。

気付いて俺がぎゃーぎゃーと泣き叫んでいるのにあいつらは笑ってるんだよ。
『ケラケラ』ってね、、、


俺は笑い声を聞いてる内に自分は死ぬのかな?それもこんな形でって・・・
だけど悲しんでいる間もなく、吸い出し岩は俺の足から何かを吸い出し始めたのよ。

足の底がピタッと岩に吸い付いたみたいで全く足が動かないし、何よりも血が吸われてるようでフラフラするんだ。その内に俺の意識はなくなったんだ、、、

どのくらい経ったのかわからないけど、気が付くとまだその部屋に居た。
気持ち悪い吸い出し岩は白くなって隅の方あった。

最初は違う岩と思った程、様代わりしてたんだ。
初めに見た岩は黒々としていたのに、まるで色が抜けたような白なんだよ。

俺は急いで部屋から出ようとした。足下から生臭い嫌な匂いもするので気持ち悪かったしね。戸には閂(かんぬき)も掛かってなく、難なく出れたんだ。

ホッとすると俺は又、気を失ったんだ。





とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ


拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

吸出し岩に何かを吸われても助かったって事は・・・
オロは残り河童って事?

って事は元々オロは河童だったって事になるよね
河童だったオロがどうやって人間になったか気になる
謎が謎を呼ぶよう

そして、キュー助との出会いも気になる。

そりゃーオロも怒りますわな。

それとも、なにか河童たちには「深い考え」があってオロにこうしたことをしているんでしょうか?

次回で河童たちの弁明(?)を聞きたいと思います。

もしこれが原因でオロが河童国に三くだり半を叩きつけたのなら悲しすぎる……。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよう!

男が廃るなんて言葉、久々に聞いたわ!
オロって中々いい男!

これからの展開が気になるわ!



こんにちは^^

地下の部屋の木の扉に、爪のひっかきキズが沢山のこっているところに
吸われる時の苦しさが表現されてるようで・・・(^^;)
河童って・・怖い・・。

とにかく、オロは生きてるわけで・・。
生死が分からぬ状態で、これを読むと怖すぎですぜ・・ぴゆう様!!

この挿絵はおどろおどろしく
想像するのもおそろしいです。
閉所恐怖症のtorotoroには耐え難い絵です。
っていうくらい表現できてるってことですね。

また、わけわかんない展開?
でも最初に
>自分が河童になる為にされた哀しい過去を話しだす。
なわけだから、もっと辛く悲しく怖い目に合うんですか?
それに周りに転がっているグレーの得体のしれない物体…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レオ、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

遅くなりました、ごめんなさい。

確かに残り河童です。

オロなりの理由もあったかも知れませんが、魂が望んでいたとも云えます。

人国がこの世界と別れた時に、いろんな事が起きました。

神様の恩寵を頂けないと云うことは、それほど厳しいことだったのです。

魂がバラバラになったものもいれば、そのままでも以前の姿の侭でいれなかった者も数多くいました。

その中の一人がオロだったのでしたv-390

ポール、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

深い意味があるのなら、救いもありますが、

残念ながらそうではありません。

川太郎の楽しみです。

そして、オロは哀しい。

v-393

rovinpopoさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

オロはいい男です。

はっきりしているし、グズグズもしていない。

これからです。

この世界を独り踏み出すのはv-391

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ひどいことをするものです。

川太郎はイカレポンチになっています。

諌めるものがいない、それは悲劇です。

キロにとり全てが川太郎。

川太郎が是ならば是なのです。

それも不幸な事と云えますv-393

torotoroさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありがとうございます。

私も狭い、暗い、閉められてるはイヤです。

絶対に無理。

転がっているのは干物になっている河童達です。

死んではいませんが、干涸びていますv-399

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

吸い出し岩 ・・・
すとすだったら干物になってしまいそう...

毒気と悪運とくされ縁が無くなれば

 皮と骨しか残らない..

 干物よりも身が無くなるかも...

こんばんはー☆お久しぶりですっ
ちょっと潜ってる間にオロの話もだいぶ展開していて乗り遅れた感たっぷりです。。。(涙
オロが河童になるのは想像以上にハードな道のりだったのですね!
吸出し岩怖いよぅ
あとキロも怖い!
いい子だと思っていたのにオロのピンチをケラケラ笑っちゃうだなんて(ゾワー
さて、まだまだオロの過去には秘密がありそうですが、
これからの更新を楽しみにしています☆

すとす、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

私だったら毒気が充満してるから、

すっきりすると思う。

なくなるとv-282天使のようなぴゆうができますv-391

v-283ニャハハハハ

tamaさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

おおー、お待ちしていましたぞよ。

お仕事が忙しそうです。

無理しないようにねv-410


キロにとり、川太郎が全て。

いいも悪いもないのです。

それがキロにとっての忠義なのです。

どちらも哀れでございますv-390

 こんばんは~何だかまた暑くなりました。
 
 挿絵の河童2匹の視線が何とも絶妙ですねー
 見られてる本人は堪ったものではなさそうですが良い眼をしている……ポチです。
 

由ちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411


由ちゃんは、目のつけどころが面白い。

二人は、面白がっています。

オロは恐怖とキロに裏切られたショックで、

心が張り裂けそうだったでしょうv-406

なんかカッパの国の住人は
猫の国の住人とだいぶ種類が違いそうだね。
なんか人間くさい奴らだよ~
だからオロは河童の国に住まないで猫国にいるのかなぁ。
それとも深い訳がある??

オロぉ。。。
ぼえぇぇん、オロ。。。
ここまで来て逃げてたらどんな事になってたんでしょうか?
オロぉ、男が廃るかもだけど、本当にそれで良かったのぉ?
って思ってしまったのでしたぁ。

園長さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

オロのハキハキとした性格とは、

例え居ようとしても無理だったと思います。

川太郎池の河童達に、あるのは目の前のこと。

その日、その日に汲々としていますv-390

HannaChopiさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

オロもこんな事になるのならと、後悔もしたでしょう。

でも、選んだ道。

そして、今となっては戻る道さえありません。

行くしかないのです。

オロの道をv-390

吸い出し岩、とっても気持ち悪そうですね。
「岩がブニャブニャしながら動いてる」
私、スライムを連想しちゃいました。
感触も似ていません?
それに乾くと硬くなるし……^^;
まだまだ展開がありそうですね
楽しみだ!

にゃんこさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

実際は手のひらサイズらしいです。

そして、ぶるぶると震えながら、毒を吸いだすそうです。

○○家に伝わる家宝でございます。

まじぃv-405まじです。

v-391

こんばんは!

え~、こういう事だったの?思わぬ展開にびっくり。

なんと言ってもキロの日和見ぶりには、オロ、さぞかしショックを受けたことでしょう。

吸出し岩も怖い。

でも、オロの身には、これからもまだ色々なことが降りかかりそうですね。
今、オロが生きてここにいる事を知らなければ、もっとハラハラ、ドキドキしてしまう・・・

続きに期待しています!

P.S. バナーの件知らせてくれて有難う。昨夜はパソコンが固まってしまい、作業出来ませんでした。遅まきながら、これから黄色に変えさせていただきます。m(__)m

うさねこ369さん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

大人ぶってもやはり子供。

ショックもそうとうだったでしょう。

でも、大昔の子供はタフ。

自分なりに切り開いていたからこそ、いまがあります。


おおー、良かったですv-410

いろいろとあるよね、バナーって難しいよね。

ほんの少しの違いで、そうなんだもの、がんばってね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよう^^

 暗くて、ぬらぬらした感じ

得体の知れない生き物のような岩

怖い!!i-282

オロは男だね~優しいうえに勇気もある。

どーちん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

今、ぬらぬらべっちょりしています。

クーラーをかけていても、みーが窓を開けろと五月蝿いのです。
閉めると態とらしく「開けろアピール」をします。
外に出る気もなく、部屋から庭を眺めつつ、寝ています。
あじい~~、なんでや!
怒りたいけど、怒れません。
甘い親ばかだからですv-406

今朝の愚痴。

オロの苦しみは並ではありませんでした。
むごい話です。
それでも折れずに生きてきた、元々、逞しさもありましたが、
この出来事で、一層、逞しくなりました。

今回の話はちょっと怖い!!
やっぱり、河童もちょっとこわい??
オロが生きてるってことは・・・?
あ~~、(?_?)謎!
この挿絵もこわいよ~~!!

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

怖そうに見えた、良かったなぁ。

副題は一応、恐怖岩にしているのでござる。


河童族の本当は違う筈なのに、歪めてしまったのは、川太郎なのかもしれません。

残念な事です。

困った奴v-390

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

オロの過去は深くて悲しいなぁ・・・。
もううキロ許せんーーー!!!
挿絵も危機迫っていてドキドキしました・・・周りに倒れているその・・・あれは・・・・何デスカ・・・?
ぴゆうさんは本当にすごいです。
続きをドキドキしながら楽しみにしています!!!

びたみんさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

哀しいですね、でも辛い思いをしたとしても、選んだ道なのです。

キロの全ては川太郎だけ、他は見ていません。

それが忠義だと信じて疑いませんv-390

周りにあるのは川太郎の意に背いた河童達です。

死んではいませんが干涸びています。

ありがとうございます、びたみんさんに褒められるとv-19地球外まで昇りそうです。

v-283ニャハハハハ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

むむむ?
どうして岩は白くなったんだ?
悪いものを吸い込んだから?
オロも無事だし、どういう事かな?

挿絵に川太郎がいない!?
見たかったのに~!!

よしさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

いるよ。
窓の右側。
黒くてチンチクリンの奴だよ。
左にいるのがキロ。

吸い出し岩は、吸い出した後は吐き出します。
だから白くなっているのでごザーール。
v-14

 こんにちは。
うん オロの哀しさ キロの役割 よく解るだけに 言葉に出来ないな。
でも 河童になる為に の哀しい過去… 
悲しいではなく 哀しい 傷の深さが窺えるな

ウゾちゃん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

そうね。
オロがそんな風に考えたのも、一つには残り河童だったからかも。
魂は戻りたがっていたのだろう。
それが良かったのか、間違いとも言えない・・・
色いろあるのが生きるって事なのかもね。
v-390
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。