スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七章 オロとキュー助 オロの物語3

前回
オロは目の前にいる河童に驚いた、こんな所まで追いかけて来たのかと、恐ろしさより怒りで一杯になった。
怒るオロにキロは謝り続け、自分の家に大岩が邪魔して帰れないと訴える。
優しいオロは気の毒になる、父親に助けて欲しいと頼むオロ。
そして、父親の強力により、大岩がどかされた。
一件落着すると、二人は仲良しになる、オロはそんなある日、河童になりたいとキロに告げた。



はじまり、はじまり



『やっぱ無理なのかな~』って、、、諦めかけてたら、キロが会いに来てくれたのよ。何でも自分の国の王様に頼みに行っていたらしいんだ」

「オロのことを?」

「そうなんだって。普通の河童には人間を河童に変えるなんて芸当は出来ないらしいのよ。
キロにいろいろと言われた。『どんなに会いたくても家族には会えなくなる』

『河童になったら人には二度と戻れない』とかね、、、
少しは気が引けたけど、どうしてもなりたいってキロに言った。

蜆採りも大助に任せたし、何より俺が居なければ、少しでも食い扶持が減って、いいと思ってたかね、、、」

「それが本音でしょ?」

「へへ、実はそうなんだ。
あの頃は腹一杯食べた事なんて一回もなくてさ、いつも腹を空かしていたんだ。

だから一人でも居なければ、少しは弟や妹に俺の分が回って、腹が満たされるくらいにはなるかなって、、、」

ウッ・・・・涙。

二人はオロの優しさに心打たれた。

「あのさ、俺が人間の頃なんだけど・・・」

「何?」

「河童軟膏!弦兵衛製薬の河童軟膏よ。今は『一家に一瓶』っていうほどの塗り薬があるんだ」

「へっ?『弦兵衛』って俺の父ちゃんの名前だよ!」

「それってなんか関係してるよー!」

「そういえばキロは、父ちゃんに軟膏の製法も教えたって言ってたよ」

「じゃあ、やっぱりオロの父ちゃんの会社だよ!」

「何よ?会社って」

挿絵参照↓↓↓   絵をクリックすると大きくなります
genbeibill.jpg


「とにかく、有名で大きな問屋みたいなものだよ」

「薬問屋かな?」

「まぁ、そんなもんだよ」

「じゃあ、皆、おまんまの心配しないくらいだったのかな?」

「当たり前だよー!其れどころか、ど偉い大金持ちになったんだよー。
だって、俺の居た時代までも続いてたし、その上に日本中の家の常備薬になっているんだもの、すごいよ!!」

「?よくわかんないけど、あれから皆良い暮らしが出来たのかな~?」

「うん、間違いないよ!」

「そうか、そうだったのかー!そりゃ良かったなあ~。長年抱えていた痼り(しこり)が消えたよ」

「良かったね!桃吉から良い事聞いたね」

「うん、お前を助けて本当に良かったよ!」

「俺の話が役に立つなんて思わなかった。でもまさか、弦兵衛製薬の成り立ちが聞けるなんてね」

「本当に俺ん家なのかな?」

「絶対に間違いないよ!」

「そーか!まっ、いいか」

「そうだよ、良かったんだからいいじゃん!」

「そうだよなッ。今更、気にしても仕方ないしな」

「それで、オロはどうやって河童になったのよ?」

「あっ!そうそう、すっかり忘れていたよ。
俺はさ、キロに『川太郎池』に連れていかれたのよ。遠い道程でさ~、大変だったよ。

俺は人のままだったから、誰にも見つからないように、夜にしか行動できなくてさ。
川を上ったり、下ったりで、、、どこをどう行ったかも覚えてないよ」

「大変なんだー!」

「そうなんだよ。何月も掛かってようやく川太郎池に着いたんだよ。
池ったって大きな湖なんだ。薮を掻き分け掻き分け、やっと着くとキロが池に向かって挨拶するんだ。

そしたら池の水が左右に分かれて一本道が現れたんだよ!
びっくりしてるとキロに促されてその道を恐る恐る歩き出したんだ。

二里くらい歩くと大きなお屋敷が見えて来た。
キロに『あそこが川太郎様のお屋敷だ』って言われて、、、なんか緊張してきたんだ。

屋敷には門番や召使いなんてのがゾロゾロ居てさー、
それが皆、河童なもんで変な感じがしたよ。

キロと一緒に屋敷の奥に通されると、召使いに身支度を整えるように言われて、久しぶりに風呂に入って旅の垢を落とすと、爽やかな気分になったよ。

それから召使いに案内されて本命の川太郎に会ったんだよ。
キロに川太郎が『顔を上げても良い』と許可されるまでは決して顔を上げるな!って言われていたからずーっと平伏していたよ。

しばらくそのままにしていると部屋に川太郎が入って来たんだ」

「威張ってるね」

「本当だよぉ」

「仕方ないさ。そして川太郎が話し出した。『キロに大体の話は聞いている。遠路、遥々(はるばる)来たお前には残念だが、お前が望むような河童にする事は出来ぬ』」


「なんだってーッ!?」


「どうしてよー?」





とても励みになります。\(^o^)/ 
★PC_ぽちっとお願いしまーーす★

人気ブログランキングへ



拍手とコメントをありがとうございます。
戴いたメッセージのお返事は拍手欄にしています。
(鍵コメは管理人は読めますが返事ができません)
どうか宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お前が望むような河童にできないの~!ど~して~~??
と、キロとオロと一緒に突っ込みいれます!!
なんで~~!!
なんでかな??
一番?ポチっと!!

きらたるさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

寝ないとまずいのに、中々寝れない・・。

ツッコミの一つや二つ入れたくなるよねぇ~~

仰せ、ごもっともでござります。

なんでかな?

ニャハハハv-391

カッパの起源は色々ありますよね。平家の落ち武者が水に飛び込んで、無念の思いが妖怪にした…という話もありますね。どういう経緯で成り立つか…という伝承は結構少ないですけれど、そういう起源を追いかけるのも非常に面白いですよね。描写で。さすがですよね。どうも、LandMでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

オロ、気の毒……。

だから河童の国に住めなくて五黄国に住んでいるんですね。(と先を読んだのですが)

定めというものはつらいなあ、いつも……。

おはよう

もう仕事してるんだよ~~

何々、一家に一瓶河童軟膏⇒オロナイン?

家に帰ってからゆっくり読む事にするわ
取り合えずポチっとv-222

おはようございます。

はぁ、こりゃまた引っ張るね~v-405
しかも、何で「望むような河童になれない」のか。
そこが、今のオロの境遇に関係して来てるのかな?

あはははは!
「弦兵衛製薬」! しかも、「本社ビル」!(爆)
良いね、良いねぇv-290 桃吉、ナイスだぁ!v-411v-411

オロの優しい気持ちが仇になってなくて、本当に良かったねv-398

LandMさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

なるほど、由来はいろいろあるのですね。

この章の土台は、父親から聞いた昔話になります。

切り傷の妙薬をもらったらしい。

昭和の初期くらいまでは、人と関わりがあったのだろうと思うと、

今は寂しい気もします。

ポール、いらっしゃーい!

おはよーv-411

そうですねと言いたいけど、

これ以上は内緒だにv-391

これから、これからv-389

rovinpopoさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

あれまあv-405

早いねぇ、暑いから無理しないようにね。


いけてるでしょv-389

そんな風に思ってもらえるといいなぁ~~へへ

v-410

蘭、いらっしゃーい!

おはよーv-411

これでがっかりしないで済んだかな?

いい子なんだよ・・・

いい子でイケメン・・・好きぃv-415

引っぱるのはいつものことざんす。

ヒッパレーーーv-441v-441

こんちくわ^^

 また、泣かされてしまった。v-395

オロの思いが大きく叶ったね

睡眠はしっかりとるのよi-179

弦兵衛製薬wwww
絵がまたいいじゃないですかw
下から見上げるほどの立派な本社社屋ですか?
実在しそうな会社名。富山あたりにありそうです。
創業100年とか?
笑っちゃいました。
会話とミスマッチングなんだもの。

そうか、なんでもそうだけど、
望めばなれるってもんじゃないですよね。
でも、なった。
どうつなげていくのか、ぴゆうさんのお手並み拝見。
いや、楽しみにしてます。

こんにちは。^^
今日は驚きました。(((゜д゜;)))
この近代的なビルは何?????って。
読んで納得・・・・というか、すごいビッグな会社。
そして、そして、ほんとに、富山の薬売りさんが売ってる薬にありそうな会社の名前に(爆)
ビルの摩天楼的な高さにも(爆)

で、お話の最後には、「なんでやね~~~ん」です。
今日も、面白かったです。つづきが読みたい~~。^^

どーちん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

はい、寝不足気味のデロデロ状態です。

なんか不規則でいけまへん。

反省だに。


オロはいい子なのよぅ~~

その上、イケメンv-398

どわい好きなの。

あげないよ。けけv-391

torotoroさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ありそうでしょ、ニャハハハ。

けっこう気張りました。

ドーーーンと建っているイメージで。


あれ、どうしよう・・・v-388

次回までヒッパレーーーv-441v-441

えー・・・三代目でござい。

まだまだお暑うございますな。

そこで五黄さまと藤平さまに一服の涼を、と存じまして

あちらの「桃」を献上につかまつりました☆

この桃、「信玄桃」ともうしまして

果実ともつかず、菓子ともつかず、摩訶不思議なものにて、いまあちらで評判の品にてございます。

どうぞご賞味くださいませ☆^^

ご挨拶まで♪

マダム猫柳さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

ププ、ありそうでしょ?

あるんですv-389けけ

楽しんでもらえて何よりでゴザールv-14

嬉しいお言葉、励むぞヨーーー

v-283ニャハハハハ

三代目さん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

おおーー、嬉しいなぁ。

きっと大喜びするに違いない。

「カモーーーン、爺ーーー猫二人ぃーーー」

v-359「なんですって」

「ありゃv-405どうせ居ないと踏んで、取り敢えず声だけはかけといて、信玄桃を食べちゃおうと・・・」

v-283「態々、長々と妙な企みを説明してくれてありがとう、兄さまは出かけているので私が頂いておきましょう」

「えっ!全部、持って行っちゃうの?」

「三代目さんの心づくし、逆らうと珈琲が飲めなくなりますよ」

「げっv-12

「三代目さん、ありがとうございます、五黄と賞味させて頂きます。
猫国にお寄りの節は、是非屋敷にお運び下さい」

「あれ、おおおーーーーい・・・・
ないの、欠片も残してかない・・・
v-412けちんぼーーー」

こんばんは!

釣りバカ日誌の鈴木建設のような近代的なビル..
思わず最上階を見上げてしまいます。

オロ・・・オロナインのオロ?

もしかして隠れキャラ的な隠し技では...

川太郎・・・
河童になるより、今の人間界にいた方が
オロの幸せと思っての事なんでしょう...

         きっと...

すとす、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

オロナインってそう言えば、そうだね。

けけ、気がつかなかった。

本当にそうだねv-218、河童族は大体二文字が普通です。

まま子と川太郎だけが違います。

この名前は神様に賜ったものだからです。

いい奴ばかりなら、いいんだけどね。

そうもいかないのが浮世でござるv-391

ぴゆさ~ん!!お久しぶりです^^

すっかりと、三吉のファンになってるサザエです^^

読むのに夢中になっていつも、コメントスルーしてごめんなさいv-436

毎日、楽しませていただいておりますv-411

サザエさん、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

お久しぶりよぅv-415

あー良かった、どうしたのかなと心配していたのよん。

三吉も喜んでいるね。


夏の北海道は最高だよね、湿気もないし。

羨ましい~~グルメ&絶景の旅行。

v-398

オロの優しい気持ちがしみます…。
ええ子や。

それにしても弦兵衛製薬でかっ!
オロの父はやり手なんですね。

には

こんばんわー今日もバリ暑いです。

近代的なビルヂングがでてきて正直びっくりしました~
ジパングの都市部にあっても多分おかしくなさそうだと思います。

この製薬会社も、ジェネリックな医薬品を始めるんでしょうか?
……いや、もう始めているかも……

カッパ天国なんですよねwww
でもそこにも序列があります。
それを嫌う人がいるのは事実ですが、
序列の意味合いを考えると、必要なものだと思います。
躾けるのに誰かが上に立たなければならない。
そんな人が減った人の世界では、悲惨な事件が後を絶ちません。

川太郎の一理に期待を持たせる話の切り方へポチしておきました。

オロ・・・。そんな優しいなんて。ポロリ。
ご実家大富豪になって良かったですねぇ。
ご飯一杯食べられてるみたい?だし。
それにしてもオロぉ。。。河童にならなかったら社長だよぉ。

のりさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

いい子なんですよぅ~~

どわい好きでございますv-415

桃吉情報がオロにとり、朗報でした。

オロもこれならと安心したと思いますv-410

由ちゃん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

大企業に成長しています。

ジェネリックも新薬も何もかもと手を広げています。

それは怖いくらいに・・・

なぜなら、秘密があるからです。

v-391

ちあ、いらっしゃーい!

おはよーv-411

猫国の五黄が、あまりに気安いので、他国もそうかと思いがちですが、

やはり、けじめはしっかりあります。

猫国の藤平が尊敬をされ、慕われているのと川太郎の場合は少し違います。

押さえ込んでいるが故、民に覇気がなくなっている。

どうしたらいいものやらv-403

HannaChopiさん、いらっしゃーい!

おはよーv-411

オロにとり、悶々とした問題だったと思います。

優しさからの行動であっても、そんな簡単に思い切れることではないですものね。

思わぬ形でもたらされた情報に、どれほど嬉しかった事でしょう。

桃吉も少しは役に立ったようです。

v-391

望む河童

にはなれない。…なんでだろう。

やさしいですな。オロ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いずきちさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

まあ、意地悪なお偉いさんの常套句みたいなトーク。

そんな感じで受け取ってもらえればいいかなと。


オロはいい子なの。

ものすごーーく、そればかりアピールしてる。

v-391

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

オロって本当に優しい子やなぁ~
でも、河童軟膏で家はお金持ちになったの?
チョッと複雑・・・

オロがいなくなって父ちゃんたち、どうしたんだろう?
探しまくったんじゃないかなぁ~
生活環境が変わったオロと家族・・・
この後の展開も非常に気になる

レオ、いらっしゃーい!

こんばんはーv-411

オロが家族にした、最初で最後のプレゼントなのかもv-406

自分の事より、相手の事が気になる。

そんな性格なのです。


そうだったかもね、だけど余りに生活環境が変わると、

何かを失うのかもしれません。

ないわけではないv-391

こんちは

え~望んでるような河童になれない?!
いったいどういう事?!
気になる~・・・・。

オロのとぉちゃん大出世だね♪

よしさん、いらっしゃーい!

こんにちはーv-411

そうなのねぇ。
川太郎とキロ。
これまた困った輩だったりする。

父ちゃんは出世したよねぇ。
v-391
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。