スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の桃吉 1 必死


河童国の騒動以来、王族達は皆と連絡をし合う事に決めた。しかし、王族達がいつも国を留守にするわけにもいかず(五黄は別らしい)
ノン吉が連絡定期便の係となった。そして、オマケに桃吉も仰せつかった。
あれ以来、飛ぶことが少しは上達したのだろうか?
そんなある日の桃吉であった。


はじまり、はじまり



この頃の桃吉は空を飛ぶのが楽しくなってきている。
ノン吉の無駄のない飛行の美しさと比べるもないが、自分なりに満足をしている。
狸国への定期便も、ノン吉に言われなくても『サッサ』と出掛ける。

今日もバタバタと走りながら勢いをつけ空に駆け上がる。
どうもノン吉のようには出来ないので、一工夫も二工夫もした結果、駈けながら勢いをつけて飛び上がる。
すると羽が風を捉(とら)えやすく、巧くいく事に気付いたからだ。

ノン吉は桃吉が飛ぶ事を楽しむようになっているので、何も言わずに好きにさせてくれる。
その日もいい天気に誘われるように空を飛んでいた。

頬の毛を撫でる風に、『うっとり』しながら縁(よすが)の森上空に差し掛かる。
この森は【煤煙坊すすけむぼう】と【墨姫すみひめ】のデートコースになっているらしい。
桃吉は二人に会った頃を懐かしく思い出す。
(大相撲 34 小天狗カップル参照)

「いつまでもあのままっつーのもイカンよ、うん。二人の行く末を考えてやらニャーいかんニャ、うんうん。」

にゃんて生意気なことを考えたりもしている。
昼間見る針葉樹のとんがりは、どこまでも青々と美しい。

「あれ?何だ?白いぞ・・・」

挿絵参照 絵をクリックすると大きくなります
hitushi.jpg


針葉樹の天辺に白いモコモコが見える。
雲布団でも、落ちているのかと思った。

「煤煙坊が置き忘れたのかな?」

二人は、デートを木の天辺ですることもあって、座布団替わりに雲布団を使う。
置き忘れて【うーてん】や【さーてん】に気づかれたら大変!
回収してやろうと近づいたら驚いた!!

白い子猫が必死になってしがみついている。
声も出ないのだろう、震えている。
桃吉は怯えている子猫の気持がわかるので殊更明るい声で声を掛けた。

おぉーい!何してんの~?」

「・・・・・」

「まぁ、いいや~、そんじゃねえーーー!」


わぁッ、怖いのぉ-ッ、
た、たしけてぇええーー!



「声が出るじゃない」


「た、たしけてぇええーッ!!


「助けて上げるから、俺が掴みやすいようにできるかな?」

「・・・・」

「出来ないと無理だよ、そんじゃね~」


「ゎわあッ、イヤだぁ-!
行かないでぇぇえーーーッ!



「行かないから、言うこと聞いて」

「ゎっ、わかったぁあ

「いいかい?背中から掴むから、怖がんなよ。バタバタすると手を離しちゃうよ」

「ぅ、うん。絶対に離しちゃイヤだよッ」

桃吉はホバリングをしながら子猫を抱え、ゆっくり降りていく。


わあッわあーーーッ!


「大丈夫だよ。ほら、地面はすぐそこだよ」

「うん」

着地して子猫を降ろすと、その子は腰を抜かしてしまったのか立つ事が出来ない。

「そのまま座んなよ。無理して立とうとしなくても、その内に治るよ」

「そ、そうなのッ?おいらこんなの初めてだから、びっくりしちゃって」

「俺だって、あんな高い木の上にいる子猫を見るのは初めてでびっくりだよ」

「・・・・・・・・」

「お前、名前は?」

「おいら和吉って言うの」

「ふーん、幾つなの?」

「おいら八つ」

「八つなの?もっと大きいかと思ったよ」

「おいらそんな事言われたの初めて、、、兄ちゃん助けてくれてありがとう!」

「いいさ、俺は桃吉って言うんだ」

「桃吉兄ちゃん、羽があるの?」

「うん、便利なんだ」

「あまかけ猫のノン吉みたい」

「俺はその弟分なのさ」

「へぇ~いいなあ~、空を飛ぶのってどんななの?」

「そうねえ、この頃やっと楽しくなって来たけど、最初はもう大変だったよ」

「そうなの?」

「兄貴みたいな体力も筋力も無い俺はさあ、羽ばたくだけで疲れてたわけ。あんまり上達しないから、うーてん達にも見捨てられたのよ」

「厳しいね」

「冷たいったらないのよ。だけど兄貴だけは根気よく教えてくれたよ」

「ふーん」

「でね、あるきっかけでうーてんが相撲を教えてくれるようになったのよ。
それがさあ~、
四股(しこ)だの鉄砲だのばっかり!だけどその御陰で体力も筋力もついたの。
気がついたら、飛べるように成っていた訳なのさ~」

「へえ~わかんないもんだね」

「だろ?関係ない様に思えても実はそうじゃないのよ、何れ我が身の為なのよ。うんうん」

「ふーーん」

「そういや、和吉は何であんな高い木に昇ったのさ、まさか飛びたかったの?」

「違ぅ、、、、、見たかったの、、、そうじゃない・・・・・
そうじゃなくて......」

「言葉に出来ない事ってあるよね?最初の目的がどうであってもさ」

「・・・」

桃吉は小さな子猫が何かを抱えているのが堪(たま)らなく思った。
子猫が助けを欲しているように思えた。

桃吉は忘れていた昔を思い出すように話し始める。
それが何かの役に立てるとも思えなかったが、木の天辺で泣いて震えている姿が昔の自分に重なる。


つづく
スポンサーサイト
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。