スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲 55 大団円

前回


民草の種を育てた意味を知るとようやく川太郎も得心できた。


はじまり、はじまり



「はい、俺は本当に間違っていました。いじけて此の池に閉じこもり、己の能力を過信し、間違った事をしているのに恥もせず、、、

キロにもイヤな事を押し付けていました。オロにはすまなかった...それに大助にも、ガスにもすまなかった...そして国民に...本当に、本当に申し訳ない事をしてしまった、、、」

あっあたしもです!謝らない川太郎に腹を一方的に立てて、川太郎池に銭をやらずにいて、こんなに国民に苦しい思いをさせてしまった。

セロに『河童の数が減った!』と、言われるまで気が付かない程の愚か者でした。情けないです、、、」

「いいさ。まま子も川太郎も、もう一度やり直せばいいのさ」

「そうよ、わかってくれるわよ!」

そうですとも!

「セロは死ぬ程嬉しいですッ!


キロもですッ!


あっしらもです!こんな風にまま子様と川太郎様ののお姿が見れるなんて夢のようですッ」

他の河童達もうんうん頷(うなづ)いている。


遅くなりましたゎッ!


お風がぷりぷりして入って来た。皆、呆気にとられている。

「あら、姉様!」

「わたくしだけ、置いてけぼりなんですのょッ。ノン吉は藤平とサッサと行ってしまって、わたくしには声も掛けないのです!

失礼ですわょッ、お陰でわたくし大変でしたゎッ」

「俺、お風に言うの忘れてたわ」

「わたしも忘れていました。何せ久しぶりの変化でしたので、、、」

「わたくしだって、まま子や川太郎の事はとても心配していますのにッ、酷いですわッ!

「お風ー、ありがとう!あたし達って幸せね」

「お風の姉様、ありがとう。俺、大丈夫だから」

「それなら良うございました~わたくし安心致しましたわぁ」

「お風、お前何か持って来ているんだろ?」

「あら、知りませんわょ」

「ふふ。何だか外が騒がしいよ」

「ほほ。ほんの少しおささをお持ちしましたの。【金狐きんこ酒】をね。お目出度い門出におささは欠かせませぬもの」

「流石に王だけある!わかってる。さあ、皆で呑みに行こうぜ!」

五黄の命令で皆は外に出た。ほんの少しどころではない、屋敷の玄関は酒樽が積み上げられていて壮観である。

「はーい!皆、並んで並んでぇー、ちょっと~ちゃんと配るから、そんなに焦らないでよー」

桃吉とレレが樽の前で皆に酒を注いでいる。

「あっ!桃~、来てたのか?」

ノン吉が言う。


あたぼーですッ!


桃吉、ふてくされている。


桃吉がいるーーッ!


オロとキュー助。

「居ちゃ悪いですか?」

「あーぁ、怒ってるよ~」

「だって、俺が寝てる隙にノン吉兄貴も藤平様も出掛けちゃってさーッ!ねッ、レレちゃん」

「そうですよ、ひどいですよね。お風様に連れて来てもらって良かったです」

「そうだよぉ、ねぇえ~~」

二人で顔を見合わせている。

「よく飛べたなあ~、屋根から落っこちたんだろ?」

ゲッ


フンだッ!


「そんなに桃吉怒らないでよ~~ほら、大助だよ!」

オロは大助を紹介する。

え゛ーーッ?河童じゃーん!」

「はい。先程、河童にしていただきました」

「なんだあー、ヨボヨボ大助に会いたかったあ~」

「嫌ですッ、もうヨボヨボは!」


あははははー


笑いが絶えない。
其れぞれに酒が行き渡ると五黄が『えっへん!』と咳き払いをし、酒樽を二つ並べその上に乗る。皆に向かって挨拶をした。まま子と川太郎は前に出て項垂(うなだ)れている。

「河童国の者よ、聞くがいい。ここにお前達の真(しん)に求めたる王が居る。まま子と川太郎よ。姉弟は今までの事を水に流し、協力し合って此の国を守立てて行こうと誓っている。

なれど、此の国は王族姉弟だけで立てるものではない。お前達、民が居てこそ国と呼べる。二人は反省もし後悔もしている。許してやってはくれぬか?」


へいッ!


その時、大勢の河童達は一斉に平伏(ひれふ)す。皆、泣いた。皆、ただ、だだ泣いている。

「そうか、、、許してくれるのか、、、まま子!川太郎!良かったのー!まことに今日は目出たい!」


よぉーし!飲みまくるよーッ!


お蜜が元気よく声を掛けた。


わぁあーーーいッ!


挿絵参照↓↓↓  絵をクリックすると大きくなります
daienkai.jpg

皆、大喜びだ。そして大宴会が始まった。宴会の中にまま子、川太郎が入り、王族達も他の者達も入ると大宴会は最高潮に達した。

陽が昇れば、沢山の食事が出る。その内には、歌有り、太鼓有り、踊り有りと賑やかこの上ない。センの希望を入れて相撲大会も開いた。

五黄も狸兵衛も酔っぱらいながら相撲を取るものだから、直ぐにへたばる。

「ねえ、川太郎」

「なあに?姉様」

「あたし達って本当に幸せね!」

「本当ですね、姉様!これからは川太郎、一心に姉様をお支えしたいと思います。生意気も言いましょう、喧嘩もありましょう。なれどどうぞ宜しくお願いします」

「こちらこそ、足らぬ姉じゃが宜しくお願いします」

まま子と川太郎姉弟はこれで心配はいらないであろう。

「オロ~、良かったねー!(キュッ)」

「うんッ!俺夢みたいだよ~」

「きゅー助、少し寂しいけど...我慢するもんッ!」

「え?何を?」

「だって、オロは大助と暮らすもの...だけどきゅー助、ヒコも田平もいるから平気だもん、心配いらないもん」

平気でないから言うのである。

「馬鹿だなあ~、あれご覧よ!」

オロが指差す先にはガスと変な踊りをしている大助が見える。


カッパレ♪かっぽれ♪


あらぁ~エッサッさぁ~♪


ズンズンチャ~カ♪ズンズンチャカ♪



「大助はね、『ガスと一緒に医学の道を究めたい!』って言ってたよ」

「そうなの?」

「それにガスが『大助しゃんは連傘にしゅむ(住む)んでしゅ!』ってきかないのよー」

「二人とも、いい味出してるものね~」

「おまけに大助の奴ったら、『たまには兄ちゃん、遊びに来てねー』だって!」

「ぷぷぷ、可笑しい~(キュッ!)」

その頃、お風とお蜜は鹿車に乗ってこちらに向かっているお熊、お勢、こん吉を迎えに空を飛んでる。

「姉様ー!」

「なんですの~?」

「お熊達、怒ってるわよぉー」

「だって、三人も尾に乗せたら飛べませんわ~ぁ」

「レレは『一生の思い出っ』て喜んでいたわよー」

「ふふ。レレは軽くて助かりましたわ~」

「あっ、あれがそうよー!」

三人の狐達が馴れぬ鹿車に乗って揺られているのが小さく見える。

「暢気(のんき)な婆やと爺や。可愛いですわ~」

「あたし達のお宝ね!」

「その通りですわねぇ~」

狐国も又、心配ないようだ。そんな賑やかな川太郎池の様子を天空より見ていた者達がいた。

「あれ、この調子だと、ここには来ぬのかのお~」

「五黄が治めてしまいましたから」

「つまらぬわ~」

「ほんに」

「でも、まま子と川太郎は後で来そうですよ」

「そのようじゃ なれどつまらぬわ~」

「ほんに~」

天宮から覗いていた《陽の神》と《月の女神》そして《風神》と《雷神》であった。


附記

川太郎は真摯(しんし)にオロと大助に謝罪をした。二人は笑いながら言ったという。

「こうして兄弟揃って河童になれました。これからどうぞ宜しくお願いします」

その天真爛漫な顔、徳をもって怨みに報いたというとこか。川太郎はまた一つ教えられたようだ。

後にまま子と川太郎の二人は天宮に行き、神々に詫び教えを乞い、国を再建する事に全力を注ぐ。

川太郎に干物にされていた河童達は【宇宙川(そらがわ)】の水を飲み、元の姿に戻って元気にしている。

五黄とまま子に因り利根川の門は閉められた。甲介達の行方は不明のままである。



おわり




《ご挨拶》

これにて大相撲は終了致しました。
今の気持ちは嬉しさと寂しさがない混ぜになったよう...
不思議な感じです。
今から九ヶ月前に長い本編を終えた時とはまた違う感慨があります。
途中でお休みをしたり、体調を崩したりと、予定外の事もありましたが何とか続けられました。
それは間違いなく皆々様との楽しい交流やあたたかい応援が支えになり、パワーをたくさん頂いていたからだと思います。
幸せ者です。

次回からは短編と中編を中心にしたいと思います。

猫国は途半、まだお後が控えております(ぷぷ)
ですが長編を続けてアップしていたのでかなり疲れましたので、
また少しお休みを頂き、のんび~りしたいと思います。
尚、
ランキングを休まないと義理が立たず申し訳なくて休めませんので、再開迄は休止に致します。
訪問やコメが出来ないことが多々あると思いますが、どうか堪忍して下さいませね。

これからも末永く、ご贔屓下さいますよう衷心よりお願い申し上げます。
そして皆々様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げ、
ひとまず終了のご挨拶とさせて戴きます。

本当にありがとうございました。m(__)m


のくにぴゆう拝




スポンサーサイト
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。