スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきもの ポール・プリッツ様より

落語「一六」


 えー、申し上げるまでもありませんが、われわれ猫族というのは神様ではございません。である以上、それなりの楽しみというものがないと生きていけないわけでございますな。

ことニャン間の三大悪徳とでも呼ぶべきものといったら、飲む、打つ、食うの三拍子でございまして、酒を飲んでばくちを打ち、うまいものを食ってすごせたらどれだけいいだろう、とは一度くらいは誰でも思うことでございます。

まあ、これも天下泰平のおかげでありまして、この天下が傾きでもしたら、ニャン間、「食う」こと以外に何も考えられなくなってしまうものであります。遠く人界では、なにか大変なことが起こって、まさにそういう状態になってしまったそうでありますな。

わたくしもよそから聞いただけなのでよく知りませんが、人界の騒動が早くおさまってくれる事を、向こうに住むわれらの親族である猫たちのためにも神様に祈る次第でございます。

 さて、ここからしばらく離れたところにある平傘村というこれといったこともない村に、コロ吉という猫が一匹住んでおりました。

 この猫、腕のいい畳職猫なのですが、名前からもおわかりのとおり、三大悪徳のうちでなにが好きといって、さいころを転がすのが大好き、というやつでございます。もっとも、三度の飯が食えなくなったらさいころを転がすこともできない、ということくらいは心得ていましたから、賭場へ行っても深入りはしない。

さいころを振って楽しく遊んだら、ほどほどに負けたところでさっと帰る、という、このままでは落語の主役にもなれないような猫でございます。

「ふら吉兄貴、団栗銭がなくなっちまったんで、あっしはそろそろ帰りますぜ。最後に残ったこの銭で、あっしのかわりに、みんなに酒をふるまってやっていただきてえんですが」

「おっ、それじゃ預かっとくぜ、コロ吉。おれは今日は馬鹿みたいにツイてるから、もうちょっと勝負する。月が出ているたあいえ、夜道は暗えから、気をつけて帰るんだぜ」

 帰り支度を始めたコロ吉にそう答えたのは、目の前に団栗銭を山のように積んだぶち猫、ふら吉でございます。この猫も腕のいいふすま職猫で、コロ吉の三軒隣の家に暮らしておりました。

昔、コロ吉がさいころ遊びに夢中になり、借りちゃいけないようなところから金を借りようとしたときにぶん殴って止めた男でもございます。それ以来、コロ吉はふら吉を兄貴と呼んで、猫生の師のように慕っておりました。

 賭場で飲んだ酒の酔いに、春の風が心地よい。空には月が白々と輝き、勝手知ったる田舎道、帰るのにもなんの心配もございません。

 いや、ひとつだけ心配事がございました。

「お幾……」

 コロ吉の隣の家に住んでいる、幼馴染の娘猫、お幾のことでございます。小生意気な子猫と思っていたところ、いつの間にやらたいそう美しい娘になっていたお幾に、コロ吉はすっかり惹かれていたのでございました。

 それとなく言葉を交わしてみたものの、どうもその思いがわからない。自分にまんざらでもないような気もするし、ほかに誰か思っている猫がいるようにも見える。どうやら、お幾は、結婚相手を誰かほかの猫とどちらを選ぶか、迷っているらしいのでございます。

「ああ……お幾と添い遂げられたらなあ……いいんだけどもなあ……」

 月を見ながらため息をつくと、ふとその耳に、なにやら音が聞こえてきた。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 何かと思ったら、なんでもない、ついさっきまで、自分がやっていたさいころ遊びの、丼にさいころを投げ入れるときの音でございました。

 はて。月夜とはいえこんな夜に、いったい誰がこんなさびしいところでさいころ遊びを。

 面妖に思ったコロ吉は、音がするほうへ足を向けました。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 音はまだ聞こえてきます。

 コロ吉が目を凝らすと、古びた小屋の軒先で、筵を敷いて座っている真っ黒な老猫が、目の前の丼に、さいころを投げ入れては拾っていたのでございます。

 その背後には、大きな字で、「一天地六」「無損勝負」と書いた白いのぼりが立ててありました。

 コロ吉は、怪しいと思うより先に面白くなりまして、

「おい爺さん、こんなところで賭場を開いたって、誰も来やしないよ。賭場は、もっと向こうの、蔵の中でやってるんだからな」

 老猫は、ちりいん……と丼にさいころを投げ入れながら答えました。

「お前は来たではないか」

 コロ吉は、ちょっと言葉に詰まりましたが、

「でも、あっしは、すかんぴんだ。団栗銭一粒たりとも、持っちゃいないよ」

「わしも持っとらん」

 老猫は、ちりいん……と、丼に、拾ったさいころを投げ入れました。

「じゃが、わしは別に、団栗銭などほしくはない」

「じゃ、爺さんは、なにが楽しくてさいころ遊びをしてるんだい」

「願いじゃ」

「願い?」

「さよう」

 老猫はうなずきました。

「わしは、道行くものと、『願い』を賭けてさいころの勝負をしている。わしに勝ったら、願いをかなえて進ぜよう」

「負けたら?」

 コロ吉は、ちょっとぞくっとしたものの、聞き返しました。

「なに、わしはしがない爺じゃ。お前をとって食ったりはせん。金もいらんし、物もいらん。そしてすべてはなるようになる。お主はなにも損することはないのじゃよ」

 コロ吉は、老猫の背後ののぼりを見ました。

「爺さん、願いをかなえてくれるというのは、ほんとうだろうな」

「もちろんじゃ。勝負してみるか?」

 コロ吉は、老猫の前に座り込みました。

「いいだろう。爺さん、あっしは、お幾って娘に惚れている。あっしが勝ったら、お幾と添い遂げさせてくれ」

「ほう。そのようなものでよいのか。では、さいころを取れ。わしが振ったら、いかさまを疑われるからな」

「どうすればいい?」

 コロ吉は、受け取った三つのさいころを手に、尋ねました。さいころに、なにかが仕込んであるようには見えません。

「この三つのさいころを振り、六の目が出たら、わしの勝ち。一の目が出たら、お前の勝ちじゃ。どちらも一つずつ出るか、一も六もまったく出なかったら、勝負なしでもう一度振る。ただし、六六一は、わしの勝ち。一一六は、お前の勝ちじゃ。いいかな?」

「いいとも」

 コロ吉は、威勢よく、丼にさいころ三つを投げ入れました。

 ちりいん……。

 老猫は低く笑いました。

「二二五か。もう一度振れ」

 空に浮かぶ月には、ゆっくりと雲がかかりつつありました。

 コロ吉は振りました。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 何度振っても、なかなか一も六も出ません。たまに出たとしても、一と六が一緒に出て、勝負なしになってしまいます。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

「そういやさ、爺さん」

 ちょっと苛立ってきたコロ吉は、老猫に話しかけました。

「お幾のやつ、あっしと、だれを天秤にかけているんだろう」

 老猫は、くつくつと笑いました。

「なに、お前、知らんかったのか。ふら吉だよ」

 コロ吉は、ぎょっとして、さいころを取り落としました。

 ちりいん……。

 さいころは、丼の中に落ちたようです。

「ふら吉兄貴……?」

「二三四か。これ、さいころを振らんかい」

 コロ吉はさいころを取りました。

「ふら吉兄貴が……」

「さよう。お幾はふら吉のことを好いておる。そのまま行けば、似合いの夫婦になったじゃろうなあ」

「知らなかった……」

 コロ吉はさいころを振り入れました。

 ちりいん……。

「お幾がお前に教えなかったのも、ふら吉とお前との仲を考えてのことじゃ」

「それじゃあ、あっしは、こんな勝負やってられねえ。ほかならぬ兄貴と、お幾ちゃんが幸せになれるのなら、あっしが横から入っていい筋合いはねえ」

「いや、お前はこの勝負を始めてしまった」

 老猫は顔を歪ませて笑いました。

「もう遅い……」

「こんなもの!」

 コロ吉は、さいころを後ろの茂みに投げ捨てました……。

 ちりいん……。

 投げ捨てたはずのさいころは、丼の中に落ちていました。

「一五六。まだ勝負はつかんな」

「爺さん! あんた、なにが楽しくて、こんな勝負をやっているんだ!」

 老猫はふっと遠い目をしました。

「わしは、猫の想いを食って生きておる……もし、お前が負けたら、お幾とふら吉の心から、お前を思う気持ちを食う……そうすれば、お前に対する思いやりなどなにも考えずに、お幾はふら吉と結ばれる」

「あ、あっしが勝ったら?」

 コロ吉は、さいころを丼に投げ入れました。

 ちりいん……。

「お幾とお前の心から、ふら吉を思う気持ちを食う……そうすれば、ふら吉のことなどどうでもよくなって、お幾とお前は結ばれる。簡単な話じゃろう?」

「そんなのどっちも嫌だ!」

 コロ吉は、さいころを老猫にぶつけようとしました。

 ちりいん……。

 さいころは、丼に落ちました。

「まだ、出ないのう……なかなか、面白い勝負ではないか」

 コロ吉は、顔色を真っ青にしながら、さいころを振り続けました。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 ちりいん……。

 もう、何十度振ったかもわかりません。コロ吉が震える手でさいころを振ったとき、、雲が月をすっぽりと覆い隠しました。

(客席と舞台の明かりがふっと消える)

「あっ……出たっ……」




「クリスタルの断章」ポールからの戴きものでございます。
猫国を取り入れつつは中々難しいと思いますが、ちょっとゾッとして楽しい作品を戴きました。
怪談ものも楽しいなぁ~~
彼の作品はバラエティーに富んでいます。
紅蓮の街(長編)も終了したばかりなのに創作意欲はまるで衰えない。
すごいの一言でございます。
皆様も是非、遊びに行って下さい。
ゾッとしたり、笑ったりのショートショートも沢山あります。
私的にチョーお薦めは「輪ゴム」でございます。「ゴムひも」じゃなかった・・・へへ
スポンサーサイト

落語「待った」泡亭鰤津

ぴゆうさんが休養を終えてブログに戻ってこられてまずはめでたしでございます。

 贈るものとてないので、代わりにわたくしが、馬鹿馬鹿しい話を一席。

 ええ、昔から、囲碁と将棋はニャン間の間で面白い知的ゲームとして楽しまれて参りました。知的ゲームですから、運はいっさい絡まない。実力だけがものをいう世界でございます。

 同じくらいの腕の持ち主どうしがやればこれ以上楽しいものはないですが、中にけっこう強いやつがいる。無人の荒野を行くがごとく勝ちまくり、誰もかなうやつがいない。

 腹吉というこの猫も、そういった、将棋に病膏肓なニャン間のひとりであります。ありますが、その嫌みったらしいこと。

「ニャンですかこの駒は。あれほど、柘植の木を使いなさいといっているのに」

「待ったは許しませんよ。待ったなんてするのは、よほどの猫でなしです」

 しまいには、家の戸口に看板を立てて、「村一番の名人腹吉。待ったをしたものはかつおぶし二十本を置いていくこと」なんて書く始末。

 こんなやつでもこの村では、村に一軒しかない雑貨屋の主、なくてはならないニャン間でございます。将棋を除けば悪いニャン間でもない。

 とはいえなんとかしてぎゃふんといわせたいのも事実。村の猫たちはない知恵を絞って考えましたが、ない知恵はない。

 そうしていると、外から子猫たちの遊ぶ声が聞こえてきた。

「じゃーんけーんぽん! あっ、また作坊の勝ちだ。作坊、じゃんけんだけは強いなあ」

 そのとき、大人猫の頭に、なにか稲妻みたいなものがびかびかっと走った。これだっ、てんで周りの猫たちに相談をします。これは面白い、と周りの猫たちも賛成し、含み笑いをしながらそれぞれの家に帰る。

 次の日。作坊の家にでっかい看板が立てられた。

「将棋ではこの村でいちばんの名人作吉。待ったをしたものはかつおぶし三十本を置いていくこと」

 さあ、この看板を見た腹吉、大いに怒った。作吉というとあの、五つにもならぬ子猫ではないか。将棋名人を名乗るとは片腹痛い。こてんぱんにやっつけてやる、と戸をがらがらっと開けた。

「作吉! 将棋名人だったら、わしと勝負せい!」

 そういったとたん、どこに隠れていたのか、大人猫たちがわらわらと入ってきた。

「おっ! 腹吉、勝負をするのか!」

「名人戦だな!」

「決まりは当然、読んだんだろう?」

 少しばかり不安になった腹吉が後ろを振り返ると、馬鹿でかい字で、

「じゃんけんに勝ったものが一手指す」

 と書いてある。

 はめられたのか、と気づいた瞬間、将棋盤を挟んだ上座に作坊が座った。

 腹吉はええい、と下座に座り、じゃんけんに勝てばいいんだろう、と覚悟を決めた。

 作坊は手を振り、

「じゃーんけーんぽん!」

 作坊の勝ち。歩を進めて角道を開けた。

 腹吉が駒に手を出す前に、またばかでかい声で。

「じゃーんけーんぽん!」

 作坊の勝ち。角が三列の、敵陣の歩を取りました。馬になります。

「王手!」

 じゃんけんに勝てばいいんだろう、勝てば! と、腹吉はこぶしを握りしめた。

「じゃーんけーんぽん!」

 またも作坊の勝ち。角に手を触れた瞬間、腹吉、思わず、

「まっ、待った!」

 そう叫んではっと気づく。見物ニャンたちは大爆笑でございます。

「かつおぶし三十本! 三十本だぞ!」

「忘れたたあいわせねえ」

 腹吉はぶるぶる震えました。

「おじちゃん、かつおぶしはなしでいいよ」

 作坊はそういうと、盤から手をどけました。そのまま腹吉の前で頭を下げ、

「かつおぶしの代わりに、おじちゃん、おいらに将棋を教えておくれよ。おいらも、普通の将棋で強くなりたいよ」

 腹吉は、自分のしてきたことを思い出し、はらはらと涙をこぼしました。

 翌日、作坊の家に、極上のかつおぶし三十枚の入った箱が運びこまれ、腹吉の家からはあの看板が消えました。そのかわりに、「将棋教えます」と書かれた紙が貼られ、雨の日には子猫たちでいっぱいになったそうでございます。

 後に猫国でも歴史に残る将棋の大名人、作吉が初めて将棋を指したときのお話でございました。

 



クリスタルの断章のポール・プリッツ様から頂きました。
なんて粋で楽しいのでしょう。
ブログに戻ってきたァ~って気がします。
本当に有難うございます。
泣いちゃいそうでござる。

ランキングは復活していませんので、カテゴリーのバナーは外しました。
紛らわしくてスミマセンでした。
もう少しのんびりしたいのでございます。
皆様のポチはしてますよぅ、安心してねぇ~

落語「大盤」  作・泡柳亭武律

落語「大盤」  作・泡柳亭武律


 ええ、落語家の仕事というのは、こうやって皆様にバカバカしいお笑いをご提供させていただくことでございますが、ただ座っていりゃあバカバカしい話が出てくるわけもございません。座付き作者というものがございまして、そいつが書いた原稿に手を加えてこうおしゃべりするわけでございます。

 この座付き作者、優秀なのに当たれば半分は勝ったようなものでございますが、中にはとんでもないスカをつかまされることもある。例えば、いちばん上の文字が「泡」、次の文字が「柳」、真ん中に「亭」が来て、四番目が「武」、どん尻が「律」という作者が来たら、もうあきらめるしかないというわけでありまして。

 で、この落語は誰が書いたかですが、そんなこたァどうでもいいことでございますよね、ええ……。

 さて、一年中いつだって春と秋がいっしょくたになっているようなこの猫国。今日ものんきに朝ごはんをいただこうと、住猫たちがそれぞれの家に植わっている大事な三本の木、すなわちミルクの木、バターの木、パンの木から恵みをいただこうとした。

「あれっ?」

「あらっ?」

「ニャんだっ?」

 ミルクの木も、バターの木も、パンの木も、ひとつも実がなっておりません。実がなっておらぬということは、収穫ができぬということでございまして、収穫ができなかったら食べるものがございません。

 いや、よく考えれば、肥沃な猫国の大地、そう食べるものにはこまらないはずでございますが、

「(トントントン! トントントン!)すみやせーん! パンとバターとミルク、わけてほしいんですが!」

「あらお隣さん、うちもそちらに借りに行こうと思っていたんですよ! うちのが、きょうは猫らしくバターミルクのパン粥を食べたいなんていっていたので」

「えー! ニャんてこった。この村のパンとミルクとバターの木は、これで全滅ってえことですぜ」

「うちのは、いくらほめてもほめてもほめちぎっても無駄でしたけど、お隣さんのは?」

「うちでは嬶が最前からやってるんですが、なんにもなっちゃいません」

 いざ食べたいものがなくなると、無性に食べたくなるのがニャン間の性(さが)でございます。

 村から村へと伝令が飛び、これが自分たちの村だけではなくて全猫国規模にまで広がっていることがだんだんとわかってくる。

 猫国の者はもう顔色が真っ青でございます。

 ほめたってなだめたって、親木にいいつけるぞと脅したって、木は黙ったまんまです。まあそりゃあ木なんだからしかたがありませんが。

「五黄さまには相談したのか?」

「それがだめみたいニャんだ。お屋敷の門は閉じていて、中でなにをしているのかは、さっぱりわからニャい」

「ニャにか、おれたち悪いことでもしたのかニャあ。団栗銭で花札やって酒を飲んだのが悪かったのかニャあ」

「毎日のことじゃニャいか!」

 これではご飯を食べるどころではございません。猫国のものが全員、しょんぼりした顔つきで、自分の悪いところの反省を始めた。

 そのうちに、

「そうだ……五黄さまや天狗さまや神様に謝りに行こう。いま謝れば、許してくれるかもしれニャい」

 だんだんとこういうことを言いだす連中が現れまして、まあぞろぞろと、四方八方から菰傘村の五黄屋敷へとやってくる。

 迷える猫たちがはっと見ると、お屋敷からは妖しげな煙がもうもうとたちのぼっているではございませんか。猫たちは地面に膝をこうつきまして、

「うえーん、うえーん……」

「おいらたちが悪かったです……」

「許してくださあい……」

「フニャああッ、フニャああ」

 老若男女身分の違いを問わず、ひとかたまりのでっかい団子みたいになって泣いている。

「フニャああああッ、フニャああああ」

 そのとき、五黄屋敷の扉がぎいいいっと開いた。

「ニャんだ、ニャんだ、騒々しい」

 現れた猫影を見て、そこにいた全員の顔が、ほっとしてフニャっとなった。

「五黄さま!」

「おーてん様もっ!」

 と同時に、なんとも甘いいい香りの風が、家の中からどおっ、と……。

「五黄さま、ニャんですかこれは?」

「ニャにを作ってらっしゃるんですか?」

「それはそうと、うちのミルクの木とパンの木とバターの木が……」

「どうしたらいいんでしょう?」

 みんなの訴えを、困った様子で聞いていた五黄さまでありましたが、

「皆の衆、入りなさい。手伝ってもらわなければならニャいことがある。それにしても、桃吉とうーてんのやつときたら……。桃吉ッ! うーてんッ!」

 急に馬鹿でかい声で怒鳴りました。

「うーん……」

 屋敷の隅では、桃吉とうーてんが酒樽を抱っこして寝ておりました。

「うーん、五黄さま、なんでしょ……」

「おーてん様、うーてん、もう飲めないよ……」

「ああッ! とっておきの銘酒、『天狗ころし』を全部! こんな強い酒、ふたりで飲んだのか?」

「烏天狗たちもいっしょに……こんなめでたい日でありますので、前祝の一杯が二杯、二杯が三杯に……」

「バカっ! バカバカっ! 頼んでおいた仕事はどうしたんニャっ!」

「仕事……」

 そのとたん、ふたりと烏天狗たちの目がぱっちりと開いた。

「いま何時ですか?」

「もうとっくに昼を回っているっ! お前たち全員、蔵の後ろで謹慎っ!」

 怒りに顔を真っ赤にしたおーてんに命じられ、酔いもすっかりさめた桃吉にうーてんに烏天狗たちは、しおしおと、日のささない蔵の裏へと歩いて行きました。

 わからないのは猫国の住猫たちです。

「なにがあったんで?」

「うむ。それなのじゃが、あれを見たまえ」

 案内されるままにぞろぞろと来た一同は、中庭の甘い香りのただ中にあるものを見て、うわっ、と、腰を抜かした。

「な、な、なんですかい、あのばかでかいウェディング・ケーキのお化けみたいなものは!」

「だからもなにも、ケーキだよ。人間界で、われわれの物語を書いてくださっている、のくにぴゆうさんが、病から癒えてブログを再開なさったので、そのお祝いに、超巨大なケーキを焼いて、お贈りしようと思ってな」

「それと、猫国中の三本の木がなにも出さなくなってしまったのとは……」

「ケーキの土台のスポンジを作るために猫国中のパンの木にお願いし、甘いクリームを作るために猫国じゅうのミルクの木にお願いし、飾りのお菓子を焼くために猫国中のバターの木にお願いして、それぞれ力を貸してもらったのだよ。急ぎなもので、木々にも皆にもたいへんな思いをさせてしまったようだが、間に合ってよかった」

「み、水臭いですよ、五黄さまにおーてん様、ひとことおっしゃってくだされば、あっしらだってこんなに取り乱したりしなかったですよ。魚でも米でも野菜でもなんでも食べて待ちましたよ」

「ひと晩のうちに猫国中にこのことを断り協力を求める触書を出すつもりだったのだが……それをやるはずの桃吉とうーてんと烏天狗たちが、まさか神酒を飲んで酒盛りをし、昼まで眠るとは思ってもおらんかったわい。これはわしと五黄の共同責任というところじゃ。すまん。詫びといってはなんだが、そこに、猫国じゅうに配るはずだったケーキに宴会のごちそうも作ってあるので、どうか皆、おなかも減ったろうから、食べて行ってはくれんかな。給仕だが……桃吉ッ! うーてんッ!」

「は、はいッ!」

「やりますッ! やらせていただきますッ!」

 そこで行われた、全猫国規模の宴会については、ことさら申すまでもございません。大盤ぶるまいという、たいへんにおめでたい噺でございました。



クリスタルの断章のポールが即興で書いて下さりました。
もうなんて幸せなのでしょう。
これだけの作品をさっと書いてしまうのだから驚きです。
賞を頂いている作家さんだけあります。
また、実に柔和なよくできた方でもあり、私めなんぞは修行足らずで恥じ入るようなことばかりなのですよ。
真似したいのに真似ができない。
へへ
思い出しますとポールに喧嘩を売るような事を書いたりと
赤っ恥丸出しの散々な奴なのに見捨てることもなく、
まったく、穏やかな大海に挑んでいた蛙のようなもので、
敵うわけがない。
これからも宜しくお願いします。
本当に有難うございます。

ぴゆう
プロフィール

 のくにぴゆう

Author: のくにぴゆう
猫国の住民達の物語を書いています。
作者はコメを食べて生きてます。
コメくださ~~い!
ブログ内の小説、画像の無断転載、コピー、転用は禁止です。

もくじ
最新記事
リンク
当ブログはリンクフリーです。
最新コメント
いろいろ
今まで紹介をしなかったのですが、それも変だなと 三ニャンを宜しくお願いします。

母のみーです。 mi3.jpg

息子のちーです。 chiko1.jpg

娘のぽーです。 po1.jpg

揃い踏み mcp1.jpg

木登りおーちゃん Ochan.jpg

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ





検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
pictlayer
画像をクリックすると大きく、もう一度クリックすると閉じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。